クリック→ラインで毎月末5名様に鳥取和牛プレゼント←クリック

[CA✖️鳥取マガジン 475パフェが食べたい!]「NAGACHA Cafe 1801」老舗のお茶屋の和風ぱぷぇ!

[CA✖️鳥取マガジン 475パフェが食べたい!]「NAGACHA Cafe 1801」老舗のお茶屋の和風ぱぷぇ!

17店舗に大きく拡大した米子の新名物「475パフェ」を米子市観光協会で兼業中のCAと鳥取マガジンが紹介する企画。

 

今回は「NAGACHA Cafe 1801」の「米子城抹茶ぱふぇ」です。

 

昨年から475パフェを提供している「NAGACHA Cafe 1801」。

 

今年度は食べやすいサイズにリニューアルしました。夏の時期には皆生海遊ビーチの海の家にも店舗を出し、475パフェを販売しています。

 

今回は和素材を活かしたお茶屋ならではの和風ぱぷぇをいただきました。

 

以前の記事はこちら↓

[米子市オープン]和カフェができた!創業218年のながた茶店の「NAGACHA Café 1801」

 

475パフェの記事はこちら↓

[CA✖️鳥取マガジン 475パフェが食べたい!]サニーサイドカフェのチョコミントパフェ

[CA×鳥取マガジン 475パフェが食べたい!]「丸京庵」の「どらパフェ」どら焼きのパフェ!?

[CA×鳥取マガジン 475パフェが食べたい!]がいな花火ものってる「洋風ダイニング酒恵浪漫亭 凡」の「凡de パフェ」

[CA×鳥取マガジン 475パフェが食べたい!]味変して楽しんで!「ペントラマンマ」の「抹茶ティラミス米子城パフェ」

[CA×鳥取マガジン 475パフェが食べたい!]大きい「LAND&YEARS」の「メロンの奴隷」

[CA×鳥取マガジン 475パフェが食べたい!]ふーるぽっしゅの大迫力の「メロンタルトパフェ」

[CA×鳥取マガジン 475パフェが食べたい!]「ジャルディーノ」の「パフェ・ティラミス」

[CA×鳥取マガジン 475パフェが食べたい!]「カフェ・ド・キタガワ」の「シロヤマパフェ」

[CA×鳥取マガジン 475パフェが食べたい!]「NAGACHA Cafe 1801」老舗のお茶屋の和風ぱぷぇ!

[CA×鳥取マガジン 475パフェが食べたい!]「炉端かば 米子角盤町店」の「かば大山パフェ」

[CA×鳥取マガジン] 475パフェが食べたい「ノンカフェ」梨園からの誘惑

 

スポンサーリンク

【NAGACHA Cafe 1801の場所】

鳥取県米子市岩倉町76

城下町米子の古い街並みが残る一角にあります。

 


1801年創業のながた茶店。看板からもその歴史が窺えます。

 

テイクアウト専用の窓口も入り口右手に。

 


駐車場は店舗から道を挟んで向かいの場所にあります。5.6台駐車可能です。

 


カウンター席の他、お座敷や、テーブルタイプの座席も。

 


店内では急須などの抹茶関連商品や、実際に抹茶の量り売りも行っています。

 

現在もデジタルなはかりではなく、奥に写る「天秤はかり」を使用しています。

スポンサーリンク

【NAGACHA Cafe 1801のメニュー】

1番人気の「純正 抹茶ろ〜る」です。大山の香りというワードで食指が動きます。

 


抹茶、ほうじ茶、紅茶など様々な種類のドリンク。

 


今年度より平日のランチのみ、釜飯の販売がはじまりました。

 

釜飯の待ち時間ってワクワクしますよね。約20分ほど待ち時間がありますが、お急ぎの方は御予約も可能です。

 

※取材時のメニュー例です。メニューやおすすめ料理はその都度変わりますので参考程度にお願いします。

 

【NAGACHA Cafe 1801の「米子城抹茶ぱふぇ」を食べてみました】

お子様にもおすすめサイズのパフェです。

 

一際目立つ米子城モナカの下には鳥取県産の抹茶アイス、ぽん菓子、とっとりイチゴのジャム、抹茶ゼリーなど県内産にこだわった中身が詰まっています。

 

また米子にある板見製餡所の餡子、だんごや萌音のみたらし団子がパフェに入っていて、それらがアクセントになって抹茶の旨味を引き立てています!

 

とっても美味しく、ペロッと食べてしまいました。

 

城下町米子の中心にある「NAGACHA Cafe 1801」、米子のまちなかを観光した後のご褒美や、ランチ後のデザートとしていかがでしょうか?

 

※時期によりパフェの中身が一部変更される場合があります

スポンサーリンク

【NAGACHA Cafe 1801海の家について】

夏の時期は米子にある皆生海遊ビーチの海の家でも営業をしています。

 


海の家では大山どりを中心としたフードメニューや、暑い夏にぴったりなドリンク、数量限定の475パフェをはじめとするスイーツ類が販売しています。

 


私は抹茶ラテのキャラメルラテトッピングをいただきました。お茶屋さんの抹茶ラテ、すっきりしていて大変美味でした。

 

以前の記事はこちら↓

[米子市オープン]和カフェができた!創業218年のながた茶店の「NAGACHA Café 1801」

スポンサーリンク

【NAGACHA Cafe 1801】

住所 鳥取県米子市岩倉町76

時間 11:00〜13:00 14:00〜17:00

定休日 水曜

[お願い]鳥取マガジンでは皆さんからの地域情報をお待ちしてます!

↓フォロー

鳥取マガジン公式LINE
鳥取マガジン インスタグラム
鳥取マガジン ツイッター
鳥取マガジン ユーチューブ

↑フォロー

この記事を書いた人
鳥取マガジン

鳥取マガジンのとまるです。鳥取県米子市出身。大学入学を機に15年間東京ですごしたのち、Uターンしてきました。鳥取が大好きで情報発信しています。

タイトルとURLをコピーしました