LINE@の友だち募集中。詳細はここをクリック

[米子市淀江]ネットで話題!2時間待ちのパフェ!?「真名井ばあちゃんのせせらぎレストラン」

いったい苺がいくつのっているの?インパクトがすごい「いちごパフェ」

「真名井ばあちゃんのせせらぎレストラン」は、米子市淀江の「天の真名井」という名水が湧く場所の近くあります。名物はとげとげのいちごパフェ。そのボリュームから、ネットで話題になり、今では行列のできる場所となっています。鳥取のインスタ映えスポットです。

 

「天の真名井」の近くですので、大山観光の方にもおすすめです。

 

真名井ばあちゃんのせせらぎレストラン アクセス

住所は鳥取県米子市淀江町稲吉285-2

天の真名井という名水が湧く場所の近くです。田んぼの中を目印がありませんが、進む里山の風景の中にあります。駐車場で名水もくめます。

 

真名井の看板が目印「真名井」とあります。

 

この暖簾の玄関から入って名前を書きました。そして、待つ事この日は2時間超。。。

 

いちごパフェを食べるのは建物左手のこちら。

真名井ばあちゃんのせせらぎレストラン メニュー

いちごパフェ 950円 名水コーヒー400円

 

おそばも食べられます。

 

そば御膳 茶碗蒸し、コーヒー付き 1600円

 

季節の天ぷら山かけそば 850円、ごぼうのかき揚げそば 850円、山かけそば 700円、ざるそば 700円、わりごそば 650円

 

お昼におそばを食べて、そのままパフェを注文することもできます。かなりお腹いっぱいになること間違いなしです。

いちごパフェのすごいインパクト

1個

 

2個!!

 

3個!!!

 

中もぎっしり!

 

スーパーに並ぶ1パック分はいちごが入っているそうです。

パフェに2時間待ち!?

都会なら、何時間も並びますがここ鳥取県で並ぶことはあまりありません。並ぶこと、待つ事に慣れていない鳥取県民。こちらではいちごパフェを食べるために並ぶこと、なんとこの日は2時間超!平日にも関わらずです。

 

ですが、手間暇かかってます。

 

まず、「いちごは切り置きできない」のだそうです。

 

おばちゃんいわく

 

「お客さんに夜な夜ないちご切ってるんでしょって言われるのよー。でもね、切っておいたら水っぽくなってまずくなっちゃうの。だから作りながら切っていくの。待っててね~。」だそう。確かに、とっても甘くてみずみずしいおいしさでしたよ。

 

カウンターでは、おばちゃん独特のフレンドリートークが繰り広げられ、カフェでありながら田舎感がたっぷり味わえます。

 

店内にはBAFEの文字。てっきりおばちゃんのカフェの事かとおもいきや以前Barをしていたのでバーとカフェを掛け合わせたのだとか。

インスタ映え間違いなし

インスタ映えがすごい、いちごパフェは苺の時期が終わると他の地元のフルーツで作るパフェになるのだそうです。一度は食べたいとげとげいちごパフェです。見た目もお腹も満足。

 

もはや大山観光の観光スポットにもなっています。時間には余裕をもって行ってください。

真名井ばあちゃんのせせらぎレストラン データ

住所 鳥取県米子市淀江町稲吉285-2
時間 12:00~18:00 パフェは14時~ LO:17:00※昼会席は要予約、夜は予約制(5名以上)
電話 0859-56-2755
駐車場 15台
Facebook https://www.facebook.com/seseragimanai/
(上記の情報は記事作成時点でのものです)
[お願い]鳥取マガジンでは皆さんからの地域情報をお待ちしてます!

鳥取マガジン求人もやっています。こちら→鳥取マガジン求人

 

つのださちこ

東京の住宅会社やインテリアの会社で勤務した後米子に移り、現在はフリーで、インテリアや整理収納のコンサルタントとして活動中。子育てママとして奮闘中。女性目線、ママ目線での仕事ぶりは多くの方から評価を得る。

ブログ:鳥取・島根 家族の楽しいを引き出すおかたづけ

 

おすすめ記事

 

[大山町]温泉!食事!お土産!大山観光に外せない場所「豪円湯院」

 

[大山]登山の行き帰りの安心スポット!大山参道市場「ベーカリーカフェ SANDO」

 

子どもが大興奮![森の国]大山フィールドアスレチック