LINE@の友だち募集中。詳細はここをクリック

人気沸騰中のパフェ!いちご、トマト、ブルーベリーの次は?い、いちじく!「真名井ばあちゃんのせせらぎレストラン」

[米子市]季節ごとに訪れたい!いちじくパフェ「真名井ばあちゃんのせせらぎレストラン」

米子市淀江の天の真名井近く「真名井ばあちゃんのせせらぎレストラン」は、インパクトあるパフェで話題のお店。季節ごと旬の食材をつかったパフェがInstagram映えすると評判を呼んで、行列ができるほど。今や県外からもお客さんが訪れるほどのお店になっています。

 

過去にはいちごパフェ → トマトのパフェ → 大仏のブルーベリーパフェ と、三パターンあり、どれも毎回評判になりました。最初のいちごパフェでお店の人気に火が付き、トマトブルーベリーのパフェもインパクトがありました。

 

次はどんなパフェなのかと待ちわびるファンがいっぱいではないでしょうか。

 

そして第四弾はいちじくー!定期訪問に行ってきました。

 

10月初めもあるかもしれないが、9月でなくなるかもしれないとのことでしたので急いでください!

 

真名井ばあちゃんのせせらぎレストラン アクセス

住所は鳥取県米子市淀江町稲吉285-2

天の真名井という名水が湧く場所の近くです。

 

15時45ころに到着し、雨でしたが、カウンター席はいっぱい。店内の様子などは過去のリンクをみてください↓。

 

前回の様子→[米子市]今や鳥取の観光名所!今度は大仏のブルーベリーパフェ「真名井ばあちゃんのせせらぎレストラン」

 

前々回の様子→[米子市]世界初か?おいしいのか?トマトのパフェ!「真名井ばあちゃんのせせらぎレストラン」

 

前々々回の様子→[米子市淀江]ネットで話題!2時間待ちのパフェ!?「真名井ばあちゃんのせせらぎレストラン」

◆シークレット?!いちじくパフェ

 

今回は中身の説明ボードもなく、シークレットらしいのです。

 

そばは12:00から。

 

パフェは14:00から。ラストオーダーは17:30です。

 

なにがシークレットなのかな。食べたらわかるよー、ということで、待ちます。

 

やはり一つずつ作りますからね。待つのも楽しみですわ。

 

そして出てきたのが、、、

 

ばーん!で、でかい!

 

インスタで見たカップの姿からもっと、小さいかと思ってました。

 

生で見ると写真で分からない大きさ!良い意味で裏切られました。

◆食べても食べてもいちじく

大きめサイズの多岐のいちじくを使っています。すんごいジューシー。

 

「サイズが揃ってないと、あの人大きいわ、私小さい、とかっていうのは嫌でしょー。」とおばちゃん。

 

クリームにかかる、ソースももちろんお手製でいちじく100%。

 

いちじくは3個くらい入っているそうですよ。

 

カップが透明な容器ではないので、食べ進まないと何が入っているかわからない。確かにシークレットです。

 

大きく切ったいちじくが落ちるー、と騒いでいたら、「お皿の上で食べてもいいのよー。そのためにお皿ついてるんだからー。」

 

そうかそうか、お皿のソースも楽しめるしね。

中にはアイス?ポン菓子?

ふんだんに盛られた新鮮ないちじくを食べていくと、玄米のポン菓子が入っていました。

 

香りがよく、砂糖の味付けがされてないので、アイスやクリームと混ざり、ちょうどいい甘さになります。

 

さくさくと、食感が変わるところがやはり、楽しめましたよ。

 

アイスも抹茶とバニラの2個!クリームの後ろに隠れています。

 

そのさらに後ろにはワッフルが!美味。

 

いちじくのミルクプリンが一切れどーんと刺さっています。

 

毎回、「味変」に唸らせられる真名井のパフェ。今回も最後のひとすくいまで、飽きさせません!

 

これで950円。

 

この日は地元中学生や学生スイーツ男子4人組が来ていました。

 

学生さんにも食べてもらえるし、このくらいの価格は嬉しいと伝えると、基本はおそばのデザートという位置づけだから、おそばとパフェで2000円くらいを目指しているのだそうです。

 

なるほどね。おそばから、ゆっくり味わいに来なきゃね。

おそばも

秋のおそばには「幻のきのこそば」が出るそうですよ。

 

珍しい天然のキノコと大山鶏、はつたけごぼうのそば。

 

見た目は地味だけど、キノコの出汁がスゴイ深い温かいそばとのこと。気になるなあ。

 

ふう~、満腹と思っていると、おばちゃんに「幸せの顔になってるよぉ~」と言われました。

 

さあ、皆さんも幸せの顔になりに行きましょう!

 

いちじくが採れる時期だけなので9月中に行くのが安全です。

◆インスタ映えまたまた間違いなし

今回は正面からがベストショットですよ。

 

次の構想のネタばれをお願いしましたところ、「サツマイモが秋は美味しいよねー。あったかいお芋とアイスなんて組み合わせもどうかなー。」とのことでしたよ。

 

どんなパフェになるのか楽しみですね。インスタ(@amanomanai)などチェックしてください。

 

夕方は比較的空いてくることを学びました。それでも、時間には余裕をもって行ってくださいね。

真名井ばあちゃんのせせらぎレストラン データ

住所 鳥取県米子市淀江町稲吉285-2
時間 御食事は12時~16時 (そば御膳は土、日、月の前日予約制)
パフェなどのカフェは14時~18時
LO:17:30※昼会席は要予約、夜は予約制(5名以上)
休み 火曜日(臨時休業あり)
電話 0859-56-2755
駐車場 15台
インスタグラム https://www.instagram.com/amanomanai/

(上記の情報は記事作成の2019.9.13時点でのものです)

 

[お願い]鳥取マガジンでは皆さんからの地域情報をお待ちしてます。

 

つのださちこ

東京の住宅会社やインテリアの会社で勤務した後米子に移り、現在はフリーで、インテリアや整理収納のコンサルタントとして活動中。子育てママとして奮闘中。女性目線、ママ目線での仕事ぶりは多くの方から評価を得る。

ブログ:鳥取・島根 家族の楽しいを引き出すおかたづけ

タイトルとURLをコピーしました