LINE@の友だち募集中。詳細はここをクリック

[大山町]温泉!食事!お土産!大山観光に外せない場所「豪円湯院」

[大山町]温泉!食事!お土産!大山観光に外せない場所「豪円湯院」

豪円湯院は大山寺参道沿いにある温泉です。日本でも屈指の酸化還元水の温泉として有名で、疲労回復効果があると言われています。またその温泉水を使った豆腐や豆乳を食べることができます。大山寺観光や、登山の後、スキー・スノーボードの後に寄りたい場所です。

 

豪円湯院 アクセス

住所は鳥取県西伯郡大山町大山25番地

大山寺の参道沿いにあります。お土産屋さんやレストラン・食堂が並ぶ一角です。

 

米子駅からバスで50分(日交バス大山寺行でバス停大山寺下車)

米子道米子ICから車で15分(県道24号線(大山観光道路)経由、博労座駐車場へ。)

 

冬の間は雪が積もる場所です。

 

gouenyuin1

牛の像が目印。

 

gouenyuin4

店内はかなり広く、のびのびできます。休憩スペースもあり、のんびりくつろぐには最高です。

豪円湯院の温泉水は還元力が日本最大級

建物内にある看板には↓

 

「大山に降る雨雪が地下深くで浄化され霊水と称される湧水になります。この霊水が地下1200mから温泉”神の湯”として湧き出ました。

 

マイナスの数値が大きいほど還元力が強い酸化還元電位がー320mVと計測され、その数値は天然温泉として日本最大級です。

 

酸化還元電位の低い水は、体の酸化を遅らせる力もあると言われています。」

 

神の湯に向かう通路には、昔の大山付近の様子の写真がずらり。画素が荒いのでまるで絵のような写真もあり面白いです。

 

神の湯、飲めます!

 

お風呂内に暗くしてある場所が心落ち着ける湯となっています。

神の湯亭 メニュー 注目はお豆腐食べ放題

酸化還元電位が日本最大級に低い温泉水を使ったお豆腐が食べ放題。大山寺の僧侶の残した食文化を継承し、豆腐職人の手作りおぼろ豆腐です。

 

あったか豆乳鍋セット、豪円定食、ドリンクなど。冬メニューが温まりそうです。

 

あったか豆乳鍋セット チゲ 限定30食 500円!!

 

あったか豆乳鍋セット 鶏白湯 限定30食 500円!!+200円で大山おこわもつけました。

 

大山おこわは薄めの味付けがとってもおいしくおかわりしたくなるほど。

 

豪円定食 うどんかそば+大山おこわ+豆腐食べ放題! 780円

 

かけそば 280円

 

お豆腐がクリーミーで濃厚でした。豆腐を主役にシンプルでヘルシーなメニュー構成です。さっぱりとしたお食事は登山やお参り、ウインタースポーツのあとに最適ですね。

 

満腹になると、座卓で絨毯敷きの店内でついついゴロリとくつろぎたくなってしまいます。

体にいい豆乳製品が買える

お豆腐は買って帰ることもできます。3つで600円とお安い。プレーン、ゴマ、ゆずと3つの味がありましたよ。

 

お豆腐の他にも県産大豆+温泉水(酸化還元水)+手作りで作られた商品が購入できます。豪円湯院「SOY:E」と名付けられたこのシリーズは大山寺の僧侶の精進料理を現代版に作りかえ、健康や美容や長寿へのこだわりを求める方に試してほしい手作り健康食です。

 

豆乳チーズケーキ 350円、豆乳ケーキ 350円、なめらか豆乳プリン 240円

 

豆乳サプリ プレーン、にんじん、ビーツ、ごま、ブルーベリー、カカオとごぼうなど。180円~

 

こくきれとういうプレーン味を飲んでみました。濃い豆乳の味ですが、くせがありません。

 

おからクッキー カラフルでキュート。ギフトセット1000円

 

米子の老舗餅屋いけがみとのコラボ商品「豆乳大福」もありました。

 

大豆の品種にもこだわっています。しっかりとした甘みとコクがある大豆「たまほまれ」と高蛋白質の「さちゆたか」を使用しているそう。

 

大豆の味の良さに加え、酸化還元水を使ったここでしか作れない豆腐や豆乳を味わいませんか。

 

イートインコーナーもありますよ!

 

お土産を買える場所は参道沿いにありますので、お風呂に入らなくても気軽に行くことができます。「火の神岳温泉 豪円湯院」は酸化還元水のお風呂に入るのもよし、のんびりご飯を食べるのもよし、お土産を買うのもよし、三つのよしが詰まった大山観光におすすめの場所です。

豪円湯院 データ

お店概要
店名 豪円湯院
住所 鳥取県西伯郡大山町大山25番地
時間 【温泉】 平日・日曜11:00-20:00 (最終受付 19:30)
土曜・祝前日11:00-20:30(最終受付 20:00)
【レストラン】11:00-20:00 (最終受付 19:30)
【イベント・お土産】10:00-18:00
休み なし
(上記の情報は記事作成時点でのものです)

[お願い]鳥取マガジンでは皆さんからの地域情報をお待ちしてます!

 

つのださちこ

東京の住宅会社やインテリアの会社で勤務した後米子に移り、現在はフリーで、インテリアや整理収納のコンサルタントとして活動中。子育てママとして奮闘中。女性目線、ママ目線での仕事ぶりは多くの方から評価を得る。

ブログ:鳥取・島根 家族の楽しいを引き出すおかたづけ

 

おすすめ記事

 

[大山]登山の行き帰りの安心スポット!大山参道市場「ベーカリーカフェ SANDO」

 

[鳥取]井上食品が自己破産へ。青いパッケージ「もめんとうふ」、「大山とうふ」など