鳥取マガジン公式LINEを更新中!週に一度にまとめて情報をゲット!

可愛い店内と気さくなシェフが作るフランス料理!「ダイニングキッチンプーハウス」

可愛い店内と気さくなシェフが作るフランス料理!「ダイニングキッチンプーハウス」

米子市中心部にある「ダイニングキッチンプーハウス」に行って来ました。

 

場所は米子市西倉吉町。古き良き米子市を感じられる街中におしゃれな外壁のお店があります。

 

お昼のランチコースを味わって来ました。

 

この記事を書いた人
fumi

米子市在住。楽しいこと、美味しいグルメ大好き。山陰グルメマイスターを目指して奮闘中。

 

「ダイニングキッチンプーハウス」アクセス

住所は米子市西倉吉町11


9号線から少し朝日町方面に入ったところにあります。

 

お店の外観です。

 

美味しいフランス料理が楽しめるお店だと、外観からも伝わってきます。

 

店内の様子です。

 

優しい黄色の壁紙がとても可愛いです。

 

店内に飾られている素敵な絵はピカソ。オーナーが大好きでピカソの絵を集めているそうです。

スポンサーリンク

「ダイニングキッチンプーハウス」メニュー

ランチメニューはフルコース、スペシャル、セットの3種類から選べます。

 

地元の美味しいお魚が味わえる魚料理。やはり王道なお肉料理。

 

めちゃくちゃ悩ましい選択を迫られます。

 

ランチフルコースを食べてみました

まずは前菜です。

 

とても綺麗に盛り付けられています。

 

全て一つひとつ丁寧に作られていて、どれもとても美味しい。特に焼きなすとと生ハムの焼きなすが美味しすぎて感動でした。

 

こちらは自家製パン3種盛り。

 

パンの美味しさにも感動。一切の手抜き感がありません。

 

本日のスープはビシソワーズ。

 

シンプルに素材の味が生かされていて、今の季節にぴったりです。

 

いよいよメインの登場です。

 

牛ほほ肉レンズ豆とデミグラスソース煮込み。

 

お店こだわりのデミグラスソースを使用し、ほろほろになるまで煮込まれています。

 

最後にデザート。

 

パッションマンゴーのムースケーキ、ガトーショコラ、すももシャーベッド。

 

少しずつ綺麗に盛り付けられているのがとても良いですね。バランスも良くとても美味しい。

 

「ダイニングキッチンプーハウス」まとめ

米子市の繁華街の中にあるフレンチのお店。

 

外観も内装もとても可愛く、オーナーのこだわりの絵もオシャレです。

 

日本人に親しみやすい味のフランス料理。

 

カジュアルな雰囲気のお店なのでどんなシーンでも利用しやすいと思います。ぜひチェクしてみてくださいね。

 

お店 データ

住所 米子市西倉吉町11

でんわ 0859-34-2144

(データ・写真など上記情報は記事作成時点のものです。変更ある場合がありますので参考程度にお願いします。)

[お願い]鳥取マガジンでは皆さんからの地域情報をお待ちしてます!

↓フォロー

鳥取マガジン公式LINE
鳥取マガジン インスタグラム
鳥取マガジン ツイッター
鳥取マガジン ユーチューブ

↑フォロー

鳥取県イベント情報まとめ[3/1~3/10]
気軽に鳥取和牛を楽しめる「焼肉たいへい門 米子店」選べる2つのスタイル!鳥取和牛の食べ放題も!
[InstagamとTwitter]鳥取和牛5000円相当が当たる!「鳥取マガジンと鳥取県牛肉販売協議会のプレゼント企画」
復刻販売!\あのブドーパンが帰ってくる/数量限定「伯雲軒のブドーパン」2024年3月オープン!「MOGU (モグ)」【境港市】
[申込受付中]山陰インバウンド機構シンポジウム「未来に続く山陰の観光」3/26【米子コンベンションセンター】[入場無料]