鳥取マガジンのLINE@の友だち募集中。詳細はここをクリック

[米子]44年の歴史!珈琲屋せつ 閉店へ

[米子]珈琲屋せつ 閉店へ

鳥取県米子市で44年間親しまれてきた「珈琲屋せつ」。その喫茶店が2018年8月31日をもって閉店することになりました。

 

スポンサーリンク

珈琲屋せつ アクセス

鳥取県米子市角盤町1-59

米子タカシマヤの横、ロッテリア 米子高島屋店の近くです。

 

この辺りは昔からの喫茶店が多い場所です。洋燈(らんぷ)軽食喫茶ハマ珈琲屋吹野など米子を代表する喫茶店がたくさんあります。

スポンサーリンク

44年の歴史

張り紙です

お客様各位

昭和四九年五月より四十四年の長きにわたり「珈琲屋せつ」を御愛顧戴きまして誠に深謝しております。

この度八月三一日をもちまして終止符を打つこととなりました。

これまでの御恩を忘れず、皆様の平穏を願っております。 有り難うございました。

店主

 

米子の純喫茶

44年の歴史を持つ喫茶店でした。

 

まさに米子を代表する純喫茶です。ずっと続いている自家焙煎。サイフォンでゆっくり点てる珈琲。

 

お店に入るとタイムスリップしたように感じるのは僕だけじゃないはず。

 

米子市は以前「喫茶店の街」と言われていたそうです。少し歩けば喫茶店にあたる、そんな素敵な町でした。

スポンサーリンク

「いろいろな喫茶店があるけど、珈琲せつが一番好き」という友だちもいます。

 

この辺りは昭和からやっている喫茶店があります。洋燈(らんぷ)、軽食喫茶ハマ、珈琲屋吹野など。どのお店も個性が強い大好きなお店です。

 

珈琲屋せつが閉店。最後にもう一度顔をだしてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事↓

 

[昭和]ザ・昭和の喫茶店 「洋燈(らんぷ)」 47年の歴史。とりまが鳥取昭和遺産認定!

 

[米子]軽食喫茶ハマ ツイッターで8000以上のリツイート。勇気を出して入った、時が止まった喫茶店。

 

[米子]珈琲屋吹野。ツタが絡まる昭和レトロな喫茶店。古き良きくつろぎの時間を