鳥取マガジンのLINE@の友だち募集中。詳細はここをクリック

[昭和]ザ・昭和の喫茶店 「洋燈(らんぷ)」 47年の歴史。とりまが鳥取昭和遺産認定!

[昭和]ザ・昭和の喫茶店 「洋燈(らんぷ)」 47年の歴史は伊達じゃない。

ranpu7

こんにちは、鳥取マガジン(@tottorimagazine)です

 

米子の富士見町、角盤交番の隣りに、昔ながらの喫茶店があります。

 

そこはザ・昭和の喫茶店、まるで40年前にタイムスリップしたかのような場所です。

 

先日も時が止まった喫茶店の記事を書きましたが、

 

[米子]軽食喫茶ハマ ツイッターで8000以上のリツイート。勇気を出して入った、時が止まった喫茶店。

 

今日のお店も時が止まっています。

 

スポンサーリンク

机がゲーム機

ranpu2

机が麻雀のゲーム機

 

まず最初に驚いたのが、机がゲーム機になっていることです。お店に入って、奥の席に座ると、机が麻雀のゲーム機でした。もうゲームをすることはできないのですが、100円のシールとか、ボタンはそのまま残っています。

 

ranpu3

お砂糖の入れ物も年期が入っています。

 

このお砂糖の入れ物は、上にリンクを貼った軽食喫茶ハマでも同じような感じ入れ物でした。昭和を感じます。

 

値段が昭和

ranpu4

モーニングのメニューです

 

そして次に驚いたのがメニューとモーニングです。

 

これだけ見ると普通の値段ですが、モーニングには、サラダは普通のサラダ、ゆで卵、ポテトサラダ、メロンまで付きます。

 

日によって変わるようですが、かなりボリュームがあります。値段はこれで良いのか心配になってしまうレベルです。

 

この日はドリンクのみの注文だったので、次回行った時モーニングを頼みます。期待してお待ちください。

 

ranpu5

ランチタイムのメニューです。

 

だいたいのメニューにプリンが付きます。これに加えてコーヒーゼリー、紅茶ゼリーがつくこともあるそう。

 

ranpu12

ドリンクメニュー

 

コーヒーもいろいろありますが、ジュースの種類も豊富です。ジュースもおすすめ。

 

メニューの張り紙が昭和

ranpu8

この字の手づくり感がたまりません。下の水色の感じとか素敵です。

 

ranpu10

メロンシエーク

 

甘くておいしい。もちろん本物のメロンを贅沢にも使用しています。原価を考えたら500円でも安い。

 

ranpu9

洋燈ブレンドコーヒー

 

どっしりとした味で、きちんとローストされたコーヒーです。

 

本棚も昭和

ranpu6

新聞雑誌もありますが、漫画が置いてある本棚もあります。

 

棚に置いてある漫画が昭和の漫画です。気になる方は実際に行って確認してみて下さい。

 

店内にはコーヒーの木が生い茂っている

ranpu13

店内にはわさわさと木が生えています。

 

それは、もはや観葉植物という枠を越えています。

 

マスターに話しを聞くと、これらはコーヒーの木ということでした。

 

この木からコーヒー豆が取れるそうです。取った豆は実際に飲め、毎年それを飲むのが楽しみとおっしゃっていました。

 

ranpu14

たしかによくよく見ると、木に豆らしきものがなっています。

 

コーヒーの木って、遠い外国の地でないと育たない物かと思っていたら、まさか米子で木が育つとは。。そしてその豆を見るとは思いませんでした。

 

ranpu20

コーヒーを栽培中。

 

喫茶店の隅っこでコーヒーの木を育てているそうです。芽が出ているものがあります。

 

レジの上の回数券

ranpu19

レジの上には常連さんの回数券がかかっています。毎朝常連さんが同じメニューを頼まれます。年に1回、回数券を買って、ほぼ毎日いらっしゃるとのことでした。

 

マスター

ranpu17

マスターです。

少しだけお話を伺いました。

 

「ここ?47年になるねえ。」

 

跡継ぎのことを聞くと、

 

「跡継ぎ?俺と同じ仕事が出来るやつがいればね。朝は5時半から開けて、休みは正月だけ。」

「この辺りは一人暮らしの老人が多いから、喫茶店とは別に近所の老人の為に買い物にも行ってやっている。」

「そんな仕事の代わりができる人間がいないねえ。」

と、話しを聞かせてくれました。

 

確かに1人で切り盛りされているマスターの代わりはいません。

 

素敵な喫茶店

ranpu1

米子にもこんな素敵な喫茶店があるんです。

 

僕はこんな昭和遺産のようなお店に惹かれてしまいます。

 

職人のマスターが1人で切り盛りしている喫茶店。

 

若い人は新鮮に、そうでない人は昔懐かしい、どこかほっとする喫茶店。

 

昭和遺産を懐かしみながら、ツッコミながら、採算度外視のモーニングやランチを頼んで、のんびり1日を過ごしてみてはいかがでしょう。

 

ranpu15
洋燈(らんぷ)
住所:鳥取県富士見町2-110
営業時間:5:30~19:30
定休日:不定休

ranpu16

この豆を挽く機械も47年前のもの。

 

ranpu11

わんちゃんがお出迎えしてくれました。