鳥取マガジン公式LINEを更新中!週に一度にまとめて情報をゲット!

境港市民図書館が2月28日から休館。2022年7月に移設オープン予定

境港市民図書館が2月28日から休館。2022年7月に移設オープン予定

境港市民図書館は2月28日から休館し、隣に建設中の市民交流センター内に移設されます。

 

2022年7月にオープンする市民交流センターは、図書館以外にも芸術鑑賞ができるホールや、市民が使える会議室などができるようです。

 

今からとっても楽しみです。

 

スポンサーリンク
この記事を書いた人
きりかぶゆかこ

兵庫県出身。自称、令和のさざえさん。(元気で陽気でわすれもの多し)
好きなのは、ビールと餃子、JAZZとお絵かきすること。
2児のママをしながら山陰ライフを満喫中!

休館情報

2月28日までは本を借りることができます。(28日以降の返却は玄関のブックポストへ)

 

お休みの間は、公民館でも本が借りれるみたいですね。

スポンサーリンク

さかいみなと図書館応援団

図書館の移設にあたり、さかいみなと図書館応援団が結成されたようです。

 

Instagramのさかいみなと図書館応援団によれば

 

人々が集い、つながり、活動し、
知や生活や交流の「要」となる
「境港市民図書館」を応援し、見守り、
育てていくことを目的とした会です

 

だそうです。

 

実際に図書館応援団の関係の方にお話を聞いてみたところ、素敵な市民交流センターにする為に例えば、

 

「図書館に入った時にアロマの香りがしたらいいな〜」

「ゆったりすわれるソファーがあったらな〜」

「ヨガ教室やダンス教室には必須アイテムの大きな鏡がある会議室が境港には少ないので、鏡がある会議室がほしいなぁ〜」

「こんなイベントがしたい!」

 

と思ったとしても、国の機関なのでどうしても個人のアイディアや要望は意見が簡単に通りにくいことも。

 

そんなみんなのワクワクする想いを形にする為にも、活動していきたいというお話が印象的でした。

 

その他、寄附金を集めたり、イベントを計画されたり多岐にわたり精力的に活動されています。

 

この会は、誰でも入るこができるそうです。

 

会費・寄付金・その他の収入によって活動します。
①個人会員年会費:一口500円(高校生以下は無料)
②団体会員年会費:一口1,000円(一口以上)
※途中退会しても、その年度の会費は返納されません。

スポンサーリンク

古本リサイクル市

3月26日コロナで延期になっていた古本リサイクル市が行われます。

 

図書館で不要になった本を一人15冊まで無償で持ち帰りできるそうです。

 

本を入れる袋とスリッパなど上履きを忘れずに!

スポンサーリンク

市民交流センターがどんどんできあがってきてます!

図書館の奥が新しい市民交流センターです。

 

横側です。

 

こちらは正面です。

 

窓ガラスが入り、外観はほぼ完成しているように見えました。

 

またオープンしたら記事を書きたいと思っています。

 

乞うご期待!

スポンサーリンク

(データ・写真など上記情報は記事作成時点のものです。変更ある場合がありますので参考程度にお願いします。)

[お願い]鳥取マガジンでは皆さんからの地域情報をお待ちしてます!

↓フォロー

鳥取マガジン公式LINE
鳥取マガジン インスタグラム
鳥取マガジン ツイッター
鳥取マガジン ユーチューブ

大人気メニュー”大人のお子様ランチ”を食べてきました!「喫茶ニュー馬場崎」新メニューも紹介します【YouTubeあり】
鳥取県イベント情報まとめ[6/14~6/23]
[オープン]”巻き体験”もできる巻き寿司屋さん「巻き巻き」飾り巻き寿司作り体験・昼飲みも!【米子市】
[オープン]アニメ・漫画などに特化した”コンセプトカフェ”「nino(ニーノ)」/6月末まで最大500円OFF!
米子市尾高の「大神山神社本社」約30種類1000株の紫陽花との競演も楽しめる