公式ライン発信中!友だち登録募集しています。ここをクリック!

鳥取県が1位「SDGs指数」と「環境や社会の持続につながる行動ランキング」

鳥取県が1位「SDGs指数」と「環境や社会の持続につながる行動ランキング」

 

株式会社ブランド総合研究所が調査した「第3回地域版SDGs調査2021」の「SDGs指数」と「環境や社会の持続につながる行動ランキング」で、鳥取県が1位となりました。

 

スポンサーリンク

地域版SDGs調査2021とは

「地域版SDGs調査2021」は、SDGsの認知度のほか、居住する都道府県のSDGsの取り組みについての評価、社会や環境の持続性につながる行動、幸福度などの持続性、それらの悩みや地域の課題など、全142項目の指標を数値化した調査です。

 

調査は2021年5月にインターネットで実施し、都道府県の住民約350人ずつ計約16,300人から有効回答を得ました。

 

その結果、、、

 

「SDGs評価」1位鳥取県

「(あなたの居住する)都道府県はSDGs達成のために積極的に取り組んでいると思いますか」という設問の結果をもとに点数を算出した「SDGs指数」が最も高かったのは鳥取県となりました。

 

1位 鳥取県

2位 石川県

3位 千葉県

 

「環境や社会の持続につながる行動ランキング」1位鳥取県

また環境や社会の持続につながる行動についての設問でも、鳥取県が1位となっています。

 

1位 鳥取県

2位 宮崎県

3位 茨城県

 

これは「地産地消」「節電・省エネ」「寄付・募金」など、消費、環境、社会のそれぞれの分野における行動(計20項目)の中から、実際に行動しているものを選び答える設問となっており、社会や環境などの持続につながる行動をとる人が最も多いのが鳥取県!という結果となりました。

 

意識だけでなく、行動も1位になっているのは嬉しいですね。

 

鳥取県の人は、SDGsのことを意識せずとも、自然とSDGsにつながる行動ができている人が多いように思います。

スポンサーリンク

SDGsの取組を評価する人ほど「幸せ」を感じる

また調査では、「SDGsの取組を評価する人」と「持続的な行動を取る人」ほど「幸せ」を感じる割合が高いことがわかりました。

 

株式会社ブランド総合研究所では、

 

全国で広がるSDGsへの取り組みですが、その内容が住民に理解され、評価されることが住民の「幸福度(幸せと感じる強さ)」を高め、地域の持続性を高めることにつながるようです。

 

と結論づけています。つまり鳥取県に住む人は幸福度が高いということでしょうか?

スポンサーリンク

SDGs

 

最近耳にするSDGsという言葉ですが、ことさらSDGsという言葉を意識せずとも、鳥取県には地元の環境や地元の経済について、よく考えている人が多いように感じます。

 

地域を愛する人が多いから、自然とSDGsにつながる行動をしている人が多いのではないでしょうか?

 

SDGsという言葉は流行り廃りがあるかもしれませんが、その根本にある考え方を理解して、生活し行動できたら良いと思っています。

 

大好きな地元が長く続くように、「環境」「地元で買い物」「上機嫌」などを意識してSDGsへの取り組みをやっていきます。

スポンサーリンク

(データ・写真など上記情報は記事作成時点のものです。変更ある場合がありますので参考程度にお願いします。)

 

鳥取マガジンLINE@←LINEもやってます。

鳥取マガジンインスタグラム←Instagramもやってます。

タイトルとURLをコピーしました