LINE@の友だち募集中。詳細はここをクリック

期間限定の水族館が米子天満屋にオープン「てんまやゴールデンウイーク水族園」カワウソ、ウミガメ、ダイオウグソクムシなど

期間限定の水族館が米子天満屋にオープン「てんまやゴールデンウイーク水族園」カワウソ、ウミガメ、ダイオウグソクムシなど

期間限定の水族園が米子天満屋にオープンしています。~2021年5月9日(日)まで

 

カワウソ、ウミガメ、ダイオウグソクムシなど、米子天満屋にいろんな生き物が大集合しています。

 

子どもが学校からチラシをもらってきたので、気になっている方も多いのでは?さっそく行ってきました!

 

水の生き物だけでなく、いろいろな生き物がいて楽しかったですよ。

 

スポンサーリンク

米子天満屋 アクセス

住所は米子市西福原2-1-10

国道9号線沿線にあります。無料駐車場1000台分完備。

 

てんまやゴールデンウィーク水族園の期間は2021年5月9日(日)まで。毎日午後5時までの営業です(最終入場は午後4時30分となります)

 

天満屋GW水族園

天満屋GW水族園にさっそく行ってきました。

 

お魚ばかりだと思ったら、いろいろな生き物がいてびっくりです!

 

まず最初にお目見えしたのはこちら↓

 

カブトガニ!

 

意外と大きくてインパクトあります。

 

国語の教科書に乗っていたカブトガニ!(覚えている人いますか?)わさわさ動いててかっこいいです。

 

この水槽は下から見れるので、裏側からもカブトガニを観察することができます。子どもってそういうちょっとしたことが好きですよね。我が子も何度も下をくぐっていました。

 

ウミガメ。

 

プールで気持ちよさそうに泳いでいます。

 

大きい亀っていいですよね。見てるとなんだか癒されます。

 

そして最近SNSで人気になっているダイオウグソクムシもいました。

 

世界最大のダンゴムシの仲間で、数年間絶食しても生きていけるという不思議な生き物です。

 

生で見たのは初めてかもしれません。結構大きい!

 

この日はほとんど動くことがなかったですが、じっと見つけているとなんだか愛しく思えてきます。

 

もちろんかわいい魚やエビ類もたくさんいます。

 

まだまだたくさん

ふくろうもいました。このふくろうもめっちゃかわいい。

 

目がキョロキョロして、見ている人と目を合わせようとします。

 

カメラ目線の良い写真が撮れます。

 

こちらはミミズク。耳のように見える羽角(うかく)がキュートです。

 

カワウソのはなちゃん!

 

水族館ナンバーワンの人気なんだとか。

 

↓実はインスタグラムのアカウントもあります。

 


うーん。かわいいですね。はなちゃん目当てのお客さんもいるとのことです。

 

他にもたくさん生き物がいますので、色々楽しめますよ。

 

と言った感じで、てんまやゴールデン水族園を満喫しました。

 

やっぱり直接見ると、大きさだったり動きだったりが分かるので面白いですね。テレビだとなんとなく見ちゃいますが、実物を見ると「おっ!」って思います。

 

小さい子どもから大人まで楽しめるミニ水族館プラス動物園といった場所です。お買い物ついでに行ってみて下さい。

 

水族園は5月9日(日)までです。

 

なかなか遠出できない今だから地元のデパートで楽しめるイベントは貴重ですね。

 

チェックしてみて下さい。

 

てんまやゴールデンウイーク水族園

期間 2021年4月17日(土)〜5月9日(日)
毎日午後5時まで営業(最終入場は午後4時30分)

場所 米子天満屋5階てんまやホール

米子天満屋フェイスブック / 米子天満屋ホームページ

(データ・写真など上記情報は記事作成時点のものです。変更ある場合がありますので参考程度にお願いします。)

 

[お願い]鳥取マガジンでは皆さんからの地域情報をお待ちしてます!

 

鳥取マガジンLINE@←LINEもやってます。

鳥取マガジンインスタグラム←Instagramもやってます。

タイトルとURLをコピーしました