LINE@の友だち募集中。詳細はここをクリック

限定のトマト狩り「作本農園」あますぎるトマトが食べ放題

限定のトマト狩り「作本農園」あまーいトマトが食べ放題

米子市にある作本農園の作本哲也さんはトマト専門の農家さん。旨味が凝縮されたおいしいトマトを育てています。

 

トマトは鳥取県西部にあるスーパーなどで購入できるほか、トマト狩りもやっています。トマト狩りの日程や申込先などは記事下をご覧ください。

 

さっそくトマト狩りに行ってきました。フルーツのような甘さのミニトマトにびっくりです。

 

スポンサーリンク

東京生まれ東京育ちの農家さん

作本農園の作本哲也さんにお話を伺いました。

 

作本農園は米子市彦名町にあります。

 

何棟も並んでいるビニールハウスの中にはトマトがたくさん。

 

「もともと私は東京生まれ東京育ち。子育ての為に妻の実家にIターンしてきました。そこで思い切って農家に転身して、今はトマト専門の農家としてやっています。」

 

東京生まれ東京育ち!都会の東京から鳥取に移住して、田舎暮らしに困ったことも多かったのでは?と思うのですが、、、

 

「暮らしている米子市は意外と都会でびっくりしました(笑)。しかも温泉もあって、少し行けば大山もある。海も川もあって魚釣りもできます。東京では気軽に楽しめないことばかりです。」

 

意外と都会!で、東京にはないものがたくさんある、いいとこ取りの街が米子市なのかもしれませんね。

 

ミニトマト狩り

作本さんのトマトはじっくりゆっくり栽培し、旨味と甘味が凝縮されたトマトです。一度食べればその美味しさがわかるはず。食べた人からは「まるでフルーツ」といわれるほど甘いトマトです。

 

実は米子市にミニトマトの農家さんはあまりいないとのこと。地元産のミニトマトは意外と貴重なんです。

 

そんなトマトを味わってもらうために、作本農園では不定期でミニトマト狩り体験をやっています。

 

作本さんはトマト狩りについて「消費者の方とつながって『おいしい』と言ってもらうと、励みになります。いろいろな人にトマトのおいしさを味わってもらいたいですね。」

 

フルーツなどのもぎ取り体験は経験ありますが、トマト狩り!やったことありません。ということで、、、

 

さっそくトマト狩りに行ってきました。

 

ビニールハウスの中にはズラーーとトマトの苗が並んでいます。

 

みずみずしいトマトをパクっと食べるとあまーい。フルーツ並みに甘いトマトです。

 

これはすごい。トマトがこんなに甘いものだったとは。

 

品種によって味も違いますし、熟しかたで甘さも違うので、食べ比べてみて自分の好きなトマトを探してみて下さい。

 

お持ち帰りもできます。たくさん買っても、あっという間になくなっちゃいました。

 

トマトで!農業で!街を元気に

「自分にとって農業が天職です。トマトで鳥取を豊かにしたいと思っています」と語る作本さん。トマト狩りで笑顔になる子どもたちを見て、すでに実現しているのでは?と思いました。

 

作本さんのトマトは、

 

アスパル日吉津、アスパル弓ヶ浜店、イオン日吉津、イオン米子駅前店、ホープタウン赤い風船、ホック昭和町店、ホック皆生店、丸合南店、丸合夜見店、丸合境港店など

 

で買えます。

 

すべて作本さんが配達しているので、在庫がない場合があります。見かけたらラッキー。一度食べてみて下さいね。

 

詳しい情報やトマト狩りについては、インスタグラムで更新される予定です。チェックしてみて下さい。

 

期間限定人数限定のトマト狩り

トマト狩りは毎週木曜日に開催されます。

 

場所 作本農園 米子市彦名町6538

日程 6月24日、7月1日、8日、15日、22日、29日。8月以降も実施予定。

時間 10時~16時 約1時間

料金 鳥取・島根県民 800円(Welove山陰キャンペーン) その他1600円

子ども 鳥取・島根県民 400円(Welove山陰キャンペーン) その他800円

計り売りもあります

 

申し込み問い合わせ 米子まちなか観光案内所

0859-21-3007

info@yonago-tourism.com

 

アクセス

住所は米子市彦名町6538

米子市北公園墓地の付近です。

 

北公園墓地の隣の道を行きます。狭い道になるのでご注意ください。

 

作本農園

トマト販売箇所 アスパル日吉津、アスパル弓ヶ浜店、イオン日吉津、イオン米子駅前店、ホープタウン赤い風船、ホック昭和町店、ホック皆生店、丸合南店、丸合夜見店、丸合境港店など

インスタグラム https://www.instagram.com/sakumoto.nouen/

フェイスブック https://www.facebook.com/sakumoto.nouen

(データ・写真など上記情報は記事作成時点のものです。変更ある場合がありますので参考程度にお願いします。)

 

鳥取マガジンLINE@←LINEもやってます。

鳥取マガジンインスタグラム←Instagramもやってます。

タイトルとURLをコピーしました