LINE@の友だち募集中。詳細はここをクリック

[米子市]嬉しい悲鳴?子どもが帰らない!駄菓子屋さん「岡本一銭屋」

[米子市]子どもが帰ろうとしない!駄菓子屋さん「岡本一銭屋」

岡本一銭屋は明治から続く駄菓子屋さんです。名物おばあさんが切り盛りされ、米子の子どもが集まってきます。

 

ちびまる子ちゃんの世界、三丁目の夕日の世界の駄菓子屋さんです。

 

スポンサーリンク

岡本一銭屋 アクセス

住所は鳥取県米子市立町1丁目4

旧加茂川付近。近所には長田茶店があります。

 

このお店も近くです。

[米子市]えっ!こんなところに!もち、チーズ、ながいも?「たこ焼きの店 天神」

スポンサーリンク

絵になる駄菓子屋屋さん

お店構えから絵になる駄菓子屋さんです。創業は明治。「一銭屋 玩具 岡本 米子」立派な看板が子どもたちを迎えています。

 

看板は、昭和25年に作られたものとのこと。立派です。

 

店内は駄菓子が所狭しと並んでいます。

 

店番の元気なおばあちゃんとのやり取りも楽しいのが、この店の魅力の一つです。

 

夕方になるとたくさんの子どもがどこからともなく現れます。最近は保護者の方と自動車来る子どもも多いです。

スポンサーリンク

子どもたちは、駄菓子がたくさんありすぎて、なかなか選べない。1時間くらいずっと選んでいる子どももいます。

 

我が子もお菓子がありすぎてなかなか選べません。

 

おこずかいは300円。

 

消費税8%があるので、定価270円くらいになるように買うとよいことを教えます。

 

それではお菓子選び!よーいスタート。

真剣に迷います。

 

1時間以上待ったでしょうか?消費税を加え294円。

 

 

やっと選んだお菓子はこちら↓

スポンサーリンク

300円でこれだけ買えて、遊べるなら、うれしいですね。

 

たくさんあるから計算も大変で、小学生には算数の勉強にぴったりです。

 

ママにはこれ、妹にはこれ、などプレゼント的なお菓子も買ってくれました。プレゼント用に選ぶのも楽しそうです。

 

いやー駄菓子屋さんって、まさにエンターテインメントですね。ちょっとしたアトラクション感覚。楽しいです。今度は子どもがいない時に大人買いしたい。

 

基本的には日中は空いているみたいなので、行ってみてください。駄菓子ワールドに引き込まれること間違いなしです。

スポンサーリンク

関連記事↓

 

ラーメン好きが厳選!米子の美味しいラーメン20

 

7つ厳選![まとめ]激戦区!鳥取県米子市のおすすめの海鮮丼