[倉吉]米澤たいやき店のたいやき。倉吉市民のソウルフード!?

[倉吉]米澤たいやき店のたいやき。倉吉市民のソウルフード!?

yonezawataiyaki

倉吉のソウルフードと言えば打吹公園団子ですが、もうひとつ有名な甘いものがあります。

ご存知!米澤たいやき店のたいやきです。

場所は鳥取県倉吉市堺町。打吹公園、倉吉白壁土蔵郡、鳥取銀行倉吉支店の側です。(下に地図を貼るのでご確認ください。)

地元の人はもちろん、観光名所の1つとも言ってもいいほどの人気のお店にお邪魔しました。

スポンサーリンク

地元の誇りのたいやき。

yonezawataiyaki5

大粒の小豆のあんこが、しっぽの先までつまっている。

白いたいやきでうすーい生地がもちっとカリッとしてます。この矛盾した概念を合わせた生地の美味しさは、どんなものでも清濁併せ吞む懐の深さがあります。

白いたいやきの理由は、たい焼きを始めた当初、卵が貴重だったため使えたなかった。そのなごりということです。

餡にはおそらく塩が入っているのか、少し塩味がします。餡は粘りがある甘い餡。独特な粘りはお砂糖をケチらずにしっかり使っています。

yonezawataiyaki7

皮・餡とも、もちろん自家製!添加物なし。創業当初の味を守り続けています。続けることの大切さ。

出来立てのあつあつのまま頂きました。

yonezawataiyaki4

1枚型の型で、丁寧に焼く姿は一見の価値ありです。

テキパキと動く姿に見とれてしまいます。これぞ職人の姿ですね。

まさに天然もののたいやき。

大判焼きもあるよ

yonezawataiyaki6

大判焼きもあり、大判焼きはあんこと白あんがあります。

迷ったけど、大判焼きは白あんを注文!

生地が柔らかい。電子レンジで「チンッ」したみたいにトローッと柔らかい。

餡の甘さも丁度良い感じ。

イートインコーナーも

yonezawataiyaki2

たいやき・大判焼きだけでなくたこ焼き。そしてイートインコーナーもあります。

店内の座席は20席前後。ゆっくり休むことも出来ます。

倉吉の観光名所にもなっている名物のたいやき屋さん!

実直に正直にやられているからこその人気。

倉吉観光際はマストのお店です。外国の方とかにも食べてもらいたいなあ。

yonezawataiyaki3

メニュー

たいやき100円(あずき)

大判焼100円(あずき・白あん)

たこ焼き400円(14ヶ入り)

240円(8ヶ入り)

ジュース110円より

お手数ですが、ご注文・お会計はレジ係(前の出入口)にお願い致します。

米澤たい焼き店

住所:鳥取県倉吉市堺町2丁目

電話:0858-22-3565

時間:10:00~18:00

定休日:火曜日

[倉吉]米澤たいやき店のたいやき。倉吉市民のソウルフード!?
この記事をお届けした
鳥取マガジンの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク