[米子]穴場!東光園でランチバイキング。旅館の料理と温泉と庭園散歩

[米子]これは穴場だ!東光園でランチバイキングは温泉と庭園散歩、そして有名建築。

toukouen1

米子の旅館「東光園」のランチバイキングは至れり尽くせり。旅館クオリティのバイキングが食べられ、しかも天然温泉に入れて、豪華な庭園を散歩でき、世界的に有名な建築物を見る。旅館をプチ体験して贅沢気分を味合うことができます。これが1350円だから驚きです。

老舗旅館にランチバイキングがあるってご存知でしたか?知らなかった人も多いのではないでしょうか?かく言う僕も知らなかった。

toukouen3

場所は皆生温泉の一画。すぐ先には日本海の海があります。地図を下に貼りますね。

スポンサーリンク

東光園。全国の建築ファンに有名!

toukouen2

東光園。昭和初期から旅館業を始め、現在の庭(7つの庭)、本館(天台)は昭和30年代に作庭、建設されています。

toukouen4
なかでも本館の建物は有名で、建築家菊竹清訓が設計。この建物が好きな建築ファンも数多くいます。

本館「天台」は、愛知万博総合プロデュースを手がけた建築家、菊竹清訓が1964年に設計した東光園は、出雲大社をモチーフにデザインされています。巨大な梁で上層階を吊る大胆な工法は、鳥居の建築法を用いた独創的デザインがこの建物の随所に見られ、世界的にこれが初にして最後と言われる建築様式(二段ピロティー形式)を用いています。

東光園HP

この建築物について全国からファンが集まるほどです、けどそれは別の話し。また記事にしたい。迫力ある建物です。


雑誌Casa BRUTUSにこう言わしめる素晴らしい建築物。地元の人にもっと見てもらいたいですね。

ランチバイキング

toukouen10

まず最初に1階のフロントで受付をします。そして奥のエレベーターで4階へ。なかなか昭和を感じる建物で、昭和好きとしては心臓のドキドキがとまらない。

toukouen5

かなり広いスペースにたくさんの椅子と机があります。

toukouen6

煮物、サラダ、唐揚げ、餃子など、定番の食べ放題メニューです。小さい子からおじいちゃんおばあちゃんまで楽しめる料理のラインナップです。

売りは無農薬野菜を使用する安心安全の自然食バイキング。その他に地元食材など、旅館ならではの食のこだわりを感じます。

toukouen7

バイキングの種類は50以上。魚介類は地元境港で水揚げされたお魚も使っています。お刺身がありました。これが美味しかった。

toukouen8

豚骨ラーメン。自分で茹でるから、固さも自分好み。

鶏肉は全国的にも評価の高い鶏肉として有名な地元産の大山鶏を使用しています。

toukouen11

豆腐もすくって、鍋でぐつぐつしてから、食べます。味の濃い豆腐でした。

豆腐にもこだわりが。原料の大豆は佐賀県産ふくゆたか。天然にがりを使用しています。

toukouen15

そして寿司!これは間違いなしの味です。お米は鳥取県産「きぬむすめ」を使用。全国的にも有名で評価の高いお米です。

toukouen12

子どもが作って楽しめる、たこ焼きが出来たり、

toukouen13

アメリカンドッグができたりで、子どもは大喜び。

toukouen9

デザートもプリン。コーヒーゼリー、ミニケーキ。フルーツには鳥取ならではの梨もありましたよ。

toukouen16

チョコレートファウンテン!!老若男女テンションがあがります。

メニューの一例

お造り2種/魚のかぶと煮/地元旬野菜の源泉蒸し/鶏と野菜のチリソース煮/地鶏の特製鍋/国産鶏のあぶり焼き/手作り感謝豆腐/本日のパスタ
ちらし寿し/オリジナルブレンドカレー/フルーツ各種/ぜんざい/チョコレートマウンテン
※その他約50種類のメニューをご用意します ※メニューは季節によって変わります。

東光園HP

子どもが遊ぶスペースも

toukouen18

食堂を出た所には、子どもが遊ぶところがありましたので、小さいお子さんがいても安心です。

温泉はほぼ貸切状態だった。

toukouen20

この温泉が良かった。昼間の時間だからなのか、広い男湯が貸し切り状態でした。誰もいない湯船は最高でした。おそらく宿泊客の方はほとんど入らない時間なので、ゆったり入れるのではないかと思います。

toukouen19

温泉の中も雰囲気があります。皆生温泉のお風呂は塩の温泉。なめると塩辛い温泉です。身体の芯から暖まります。

最後は庭を散策

toukouen21

最後は庭を散策しました。東光園の庭は東光園七庭といって、彫刻家「流政之」の作庭です。立派な庭です。なかなかこれほどの庭はありません。

toukouen22

お腹いっぱいご飯を食べて、温泉に入って、そして庭を散策する。贅沢な午後のひとときでした。

米子の老舗旅館東光園。有名だけど行ったことない人も多いのではないでしょうか?そのランチバイキングはかなり穴場でした。建物が素敵ですし、インテリアも昭和っぽさを醸し出していて、昭和グッズファンの僕は興奮しっぱなしでした。

ランチバイキングはもっと有名になっても良いと思います。値段は大人1350円。ご飯、温泉、そして庭と建築。4拍子そろってます。1度行ってみて下さい。

予約はこちら↓

皆生温泉 東光園

関連記事はこちら↓

[大山]クオリティ高いランチバイキング!無料で温泉も「大山レークホテル」

[米子]「アジアンダイニング アガン」ナン食べ放題の衝撃!店内広々だから、どんなシュチュエーションでも楽しめる

東光園

鳥取県米子市皆生温泉3-17-7
TEL. 0859-34-1111
ランチバイキング (入浴サービス)
11:30~13:30(オーダーストップ)
大人/1,350円 小人/830円 幼児/520円
定休日:毎週火曜日 (水曜日は男性入浴不可)
※貸切や集中清掃など入浴ができない場合あり。

変更等ある場合がありますので、詳細はご確認ください。

この記事をお届けした
鳥取マガジンの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク