公式ライン発信中!友だち登録募集しています。ここをクリック!

清水寺参道にたたずむ40年以上老舗の喫茶店「麻世」(まよ)

清水寺参道にたたずむ40年以上老舗の喫茶店「麻世」(まよ)

島根県安来市にある厄落としの神社で有名な清水寺。その参道入口にある「麻世」は喫茶と軽食が食べられるお店です。

 

厄年のお参りは節分までに行くと良いそうですね。

 

清水寺に厄落としのお参りに行った際、清水羊羹とコーヒーがおいしい「麻世」に行ってみてはいかがでしょうか?

 

この記事を書いた人
きりかぶゆかこ

兵庫県出身。自称、令和のさざえさん。(元気で陽気でわすれもの多し)
好きなのは、ビールと餃子、JAZZとお絵かきすること。
2児のママをしながら山陰ライフを満喫中!

スポンサーリンク

「麻世」アクセス

住所は島根県安来市清水町542

落ち着いた雰囲気が素敵です。

 

囲炉裏のデザインのテーブルにほっこりします。

 

店内の様子。

 

カウンター席もあります。

スポンサーリンク

「麻世」メニュー

コーヒー(麻世ブレンド)、紅茶・・・450円

 

コーヒーセット(コーヒーと清水羊羹)、お抹茶セット(お抹茶と清水羊羹)・・・ 600円など

 

ミルクフロート、コーラフロート・・・550円など

スポンサーリンク

オーダーしてみました!

コーヒーセット(コーヒーと清水羊羹)

 

「コーヒーに羊羹!?」と驚く方も多いそうですが、コクのあるコーヒーとあんこの甘味は相性ばっちり!

 

コーヒーの味は43年間ずっと変わらず、4種類の豆をお店でブレンドしているそうです。

 

その豆の1つには、近年なかなか手に入りにくい秘密の豆を使っているそう。「その豆がないと、ここのコーヒーの味がだせないから・・・」とこだわり守ってきた豆。コーヒーに詳しい人は飲んだらわかるかも!?

 

是非飲んでみてください。

 

「清水羊羹」は4つのお菓子屋さんがそれぞれで製造しているそうですね。ここでは西村堂さんの羊羹が食べられます!

 

しっかりとした味わいです。

 

お抹茶セット(お抹茶と清水羊羹)

 

もちろん、羊羹はお抹茶にもよく合います。

 

紅茶も身体が温まりますよ。

 

そんな中、子どもたちは、コーラフロートと

 

ミルクフロートをオーダーしました。

 

全然味見させてくれませんでしたが、子どもは正直もの!速飲み終わっていたので、とっても美味しかったのでしょう。

スポンサーリンク

「麻世」名前の由来

 

タレントの川崎麻世さんと実際に繋がりのあるオーナーが「麻のように丈夫で世に長く強く生きる」という由来を気に入って、ご本人からも許可をいただき名前を頂戴したそう。

 

その名の通り、43年間も営み続け、長く、たくさんの人に愛されているお店でした。

スポンサーリンク

渡辺俊明さんの絵

店内には渡辺俊明さんの絵が飾られています。お店ととても雰囲気があって見惚れてしまいました。

 

オーナーに尋ねると、オーナーが昔、「素敵な絵だなぁ、近くで個展をやってくれないかな・・・」と思ったタイミングで個展があり、たまたま在廊していた渡部俊明さんご本人と繋がりができたとか。

 

御存命の時は、お店にもよく来ていたそうです。

 

絵葉書や詩集も販売していたので、絵葉書を買って帰りました!

スポンサーリンク

まとめ

 

「いろんな人のご縁によって続けてきています。」と微笑むマスターがとても素敵でした。美味しいコーヒーとレトロで飾らない雰囲気。

 

参拝後の休憩にはぴったりです。

 

是非、お参りの際には行ってみてくださいね。

スポンサーリンク

麻世 データ

住所 島根県安来市清水町542
TEL 0854-22-5309
営業時間 9:30~16:30頃(季節によって変更します)
定休日 不定休

(データ・写真など上記情報は記事作成時点のものです。変更ある場合がありますので参考程度にお願いします。)

[お願い]鳥取マガジンでは皆さんからの地域情報をお待ちしてます!

↓フォロー

鳥取マガジン公式LINE
鳥取マガジン インスタグラム
鳥取マガジン ツイッター
鳥取マガジン ユーチューブ

↑フォロー

[移転オープン]パンケーキとランチのお店「グランカフェF西福原店」
大山のそばを使った「そば処こめ蔵」天丼もおいしい!
焼きたてワッフル専門店「Karhu(カルフ)」こだわり本格ワッフルが楽しめる
Digる「求人・企業の情報サイト」の中から求人情報を紹介します
鳥取県初進出!サイゼリヤが2022年1月21日オープン
タイトルとURLをコピーしました