[まとめ]ワクチン接種もいよいよ終盤!?鳥取県 ワクチン接種が可能な会場

[募集中]最大3000万円補助「とっとりワークプレイス整備支援事業」サテライトオフィスやコワーキングスペースを整備

[募集中]最大3000万円補助「とっとりワークプレイス整備支援事業」サテライトオフィスやコワーキングスペースを整備

鳥取県が、「とっとりワークプレイス整備支援事業」への応募者を募集しています。

 

これは民間事業者が既存施設を活用して、県内外の人が利用するサテライトオフィス・コワーキングスペース等の働く場所「とっとりワークプレイス」の整備・運営を支援するもので、

 

補助率は2/3、補助上限額3,000万円、公募期間は2021年4月12日までとなっています。

 

かなり大きい補助率と補助上限額となっていますので、有効活用したい場所がある方や企業の方はチャンスです。

 

詳しくは鳥取県のホームページをご覧ください→ とっとりワークプレイス整備支援事業

 

スポンサーリンク

中の人のお話をききました

県庁立地戦略課の三谷さんにお話を伺いました。

 

とっとりワークプレイス整備支援補助金とは?

この補助金は既存施設を事業者に貸し出すためのサテライトオフィス等に改修する費用等を、国の「地方創生テレワーク交付金」を活用して鳥取県が補助するものです。

 

補助対象数は県内3拠点。補助率2/3、補助上限額3,000万円となっています。

 

現在新型コロナウイルス感染症の影響により、大都市圏の事業者が地方へ活動の場を移し、サテライトオフィスを開設して業務を行う動きが進んでいます。

 

この動きをとらえ、鳥取県への新たな人の流れを生み出すことを目的として、事業者を募集することになりました。

 

整備する拠点のイメージは?

 

八頭町にある隼Lab.を少し小さくした拠点を県内各地に整備するイメージです。

 

地域ならではの面白いテーマがあり、地域内外から人が集まり、新しい働き方や交流などが生まれ、育っていく場所を目指しています。

 

完成した後も

 

「とっとりワークプレイス」は、民間事業者がもっている施設を活用して、県内外の事業者が利用するサテライトオフィス等の働く場所の整備・運営を支援するものです。

 

さらに整備して終わりではなく、その後も継続して、鳥取県や市町村が行う企業誘致活動の入居提案物件として、自治体と連携して利用者の誘致に当たっていきます。

 

また入居した事業者と地域内の自治体・事業者・住民が共に活動していくための拠点とし、連携して地域内をつなげていく取組にしていく予定です。

 

県をあげて応援します。

 

我こそはと思われる方は、問い合わせだけでもお待ちしています。

 

詳しくは鳥取県のホームページをご覧ください→ とっとりワークプレイス整備支援事業

 

地域の資源を活かす大きな取組に

今回お話を伺った場所は倉吉市にあるコワーキングスペース「SUIKO WORK CAMP」。グランピングをテーマにしたカフェのようなお洒落な場所です。

 

こんな素敵な場所が県内にたくさんできて、県内外の企業の方と地元の方がつながり、新しい取組や人と人とのつながりができるといいなぁと思いました。

 

今回の応募では「施設全体のテーマ・コンセプト」を提案する必要があるそうです。

 

鳥取県にはたくさんの良いところがあります。海川山星などの自然、地元の名産、ポップカルチャーなど、地域の魅力や強みを生かせるテーマ・コンセプトがあるはずです。

 

かなり大きい補助額となっています。興味ある方はぜひチェックしてみてください。

 

夢が広がるとっとりワークプレイス整備事業。今後の取組にも注目したいと思います。

 

お問い合わせ先

鳥取県 商工労働部 立地戦略課 県内企業新増設担当
〒680-8570 鳥取県鳥取市東町一丁目220
電話:0857-26-8080
ファクシミリ:0857-26-8117
E-Mail:ritti@pref.tottori.lg.jp

ホームページ → とっとりワークプレイス整備支援事業

(データ・写真など上記情報は記事作成時点のものです。変更ある場合がありますので参考程度にお願いします。)

 

[お願い]鳥取マガジンでは皆さんからの地域情報をお待ちしてます!

 

鳥取マガジンLINE@←LINEもやってます。

鳥取マガジンインスタグラム←Instagramもやってます。

タイトルとURLをコピーしました