LINE@の友だち募集中。詳細はここをクリック

[米子市]前菜からメイン、デザートまで。ランチで気軽にコース料理を楽しめる「SO―JU」ホテル内のビストロ

[米子市]前菜からメイン、デザートまで。ランチで気軽にコース料理を楽しめる「SO―JU」ホテル内のビストロ

soju

米子市にある「SO―JU(ソージュ)」はホテル内のビストロです。前菜からメイン、デザートまでランチで気軽にコース料理を楽しめます。

 

ランチだけでなく、ディナーやパーティーなどでも人気のお店です。

 

SO―JU アクセス

鳥取県米子市錦町2-3-1 ホテルアクシス内1F

米子市公会堂からほど近くにあります。

 

ホテルアクシス駐車場利用可。錦町のビジネスホテル、ホテルアクシスの駐車場を利用できます。

 

店内はカジュアルで明るい雰囲気です。

 

SO―JU 鹿肉とヒラタケのアーリオオーリオ

ランチ、ディナー、パーティーなどでも人気のビストロ「SO―JU」。

 

2020年2月17日~3月6日で開催中の「とっとりジビエレストランフェア」に参加しており、ジビエ料理を楽しむことができます。

 

取材時にオーダーしたのは、「鹿肉とヒラタケのアーリオオーリオ」(1,620円)。

 

普段は前菜を食べ終えてから、メイン、デザートと進むのですが、撮影のため一度に運んでいただきました。

 

まずはサラダ。「今朝採れた!?」と思うほど、自然な甘味を感じるリーフに、口の中でシャキシャキと音を立てる大根や人参。

 

日ごろ野菜が不足しがちな私にとって、みずみずしさに身体が浄化されるようです。

 

赤玉ねぎから作られた自家製のピンクドレッシングも、サラダの美味しさを引き立てます。

 

「ハムと白ネギのキッシュ」も盛り付けられてあり、パリッ、サクッとしたパイ生地食感の上を、卵、生クリーム、そして野菜の旨味が口の中に広がり、いきなり華やかな一皿でした。

 

soju

続いてメインのパスタ。家庭では牛、豚、鶏ひき肉しか使ったことがなく、鹿のひき肉は未知の世界。シュッと引き締まった鹿を思い浮かべながらいただきました。

 

鹿肉は他の食肉と比べて脂肪が少ないことは知っていましたが、なるほど!あっさりした美味しさ!日吉津町産のヒラタケに、細かく刻まれた野菜も交わり、オイルソースの豊かな風味が絶妙です。

 

鹿肉は鉄分も豊富とのことで、上記の通り野菜不足に加えて貧血気味の私にはピッタリ。しかも美味しい!

 

パンをフルーティーなオリーブオイルでもいただきながら、パスタソースにも付け、凝縮されたエキスを余すところなく完食。

 

何だか身体にエネルギーが沸き上がる感覚を覚え、管理栄養士やアスリートの方々がジビエ料理を薦める理由にも納得しました。

デザートも

最後にデザートと、選べるドリンクの中からホットコーヒーをいただきました。

 

デザート皿には、イチゴのわらび餅、ガトーショコラ、金柑ジャムののったパンナコッタの3品が一同に介しています。

 

友人のSNSにも頻繁に感動コメントが上がるSO―JUのデザート。一口一口思わず「ん~!」を連発。デザートもすべて自家製とのこと。程よい甘さに心までリラックスでき、ホットコーヒーで締めて「よし!午後からも頑張ろう!」と、活力が湧きました。

 

ジビエフェアメニューには、他にも「猪肉のハンバーグ」もあります。

 

材料が無くなり次第終了とのことなので、その前に堪能しようと心に決めました。

 

店内にはカウンター席もあり、一人でも入りやすいです。

 

まとめ

「鳥取県で暮らせて幸せ!」と、改めて実感せずにはいられない食の豊かさ。

 

私は他県から嫁来た身で、山陰と言えば漁港が代表格のイメージでしたが、ジビエ料理で森の恵みのパワーを知ることができました。

 

個人的な感想ですが、鹿肉効果か、午後から夜にかけての仕事や、子供たちからの「おかーさーん」攻撃にいつも19時台にはクタクタなのに、この日は余力がありました。

お店データ SO―JU(ソージュ)

住所 米子市錦町2-3-1ホテルアクシス内1F
電話 0859-36-0567
時間
11:00~15:00(ラストオーダー14:00)
18:00~22:00(ラストオーダー21:00)
定休日 日曜日

(上記情報は記事作成時点のものです)

 

[お願い]鳥取マガジンでは皆さんからの地域情報をお待ちしてます!

鳥取マガジンLINE@でお得なクーポン発行中です。友だち登録お待ちしています。

タイトルとURLをコピーしました