鳥取マガジン公式LINEを更新中!週に一度にまとめて情報をゲット!

奥大山の「鏡ヶ成キャンプ場」と、こどもも一緒に登れる「擬宝珠山(ぎぼしやま)」登山で大自然を満喫!

奥大山の「鏡ヶ成キャンプ場」と、こどもも一緒に登れる「擬宝珠山(ぎぼしやま)」登山で大自然を満喫!

「鏡ヶ成キャンプ場」はレンタル用品が充実している&電源付きのサイトもあります。キャンプ初心者でも安心なキャンプ場です。

 

幼稚園児でも登れる「擬宝珠山」や、奥大山の美しい地下水を汲み上げた「天然水浴場」、夜には無料の星空ガイドツアーもあり、奥大山の大自然を満喫できる1日が過ごせます。

 

今回我が家は、テントだけを買い(1万円代で売っていました!)キャンプデビューしてきました。

 

キャンプをしたことがない人の参考になれば嬉しいです。

 

この記事を書いた人
きりかぶゆかこ

兵庫県出身。自称、令和のさざえさん。(元気で陽気でわすれもの多し)
好きなのは、ビールと餃子、JAZZとお絵かきすること。
2児のママをしながら山陰ライフを満喫中!

 

「鏡ヶ成キャンプ場」アクセス

住所は日野郡江府町御机字鏡ヶ成709-1

江府ICより30分で休暇村に到着します。

スポンサーリンク

「鏡ヶ成キャンプ場」

料金はサイト使用料+600円✖️人数がかかりました。

 

オートサイトとは車を乗り入れられるキャンプサイトのことで、今回はキャンプ初心者ということもあり、AC電源付きオートサイト4,000円にしました。

 

車がテントの横に着けれるので、荷物の持ち運びが楽でした。

 

延長コードがあれば便利です。

 

テントを張るのに苦労すると思ったので、晩御飯はできるだけ簡単にとホットプレート、炊飯器持参!

 

しか〜し、夕方には他のキャンパーのBBQの炭のいい香りが漂いだし、次回はBBQにもチャレンジしたくなりました。

 

レンタルも充実しています。

 

キャンプ場から車で3分のところにある休暇村奥大山の天然水大浴場が利用できます。

 

入浴はキャンプ使用料と別途で大人520円 小人(4才以上)310円です。

 

硬度15~20を誇る「超軟水」を沸かしたお風呂で、とっても肌当たりが良いです。

 

心も洗われるような気持ちの良い大浴場でした。

 

*キャンプ場にコイン式の温水シャワーもあります。

 

休暇村の正面の原っぱも気持ちが良く、アイスを食べたり、お昼寝をしたり、のんびりできます。

 

休暇村の体験アクティビティも多数あり、 週末限定で星座観察会が無料で開催されており、キャンプ場の利用客も参加することができます。

スポンサーリンク

擬宝珠山(ぎぼしやま)登山

その原っぱから登れる「擬宝珠山」

 

今回は3歳の子もチャレンジしました!個人差があると思いますが、一度も「だっこ〜」が出ることなく登れましたよ。

 

ゆっくり登って30分くらいで頂上に着きます。

 

草刈りなどの整備がされていて、歩きやすかったです。

 

頂上からは、日本海や、岡山県の蒜山高原センターも見えました。

 

登り道と違う道を降り、木道を通って原っぱに戻ってこれます。

 

向かいにある象山も登りやすく、連続で登る方も多いそうです。

 

こどもがもう少し大きくなったら今度は象山も登りたい!。

 

初めてのキャンプで道具が少なくて不安だったけど、たっぷり楽しめる場所でした。

 

Webサイトから予約状況が簡単に確認できるので、是非チェックしてみてください!

スポンサーリンク

「鏡ヶ成キャンプ場」データ

住所:日野郡江府町御机字鏡ヶ成709-1

開設期間:4月下旬~11月上旬

チェックイン:13:00~19:00/チェックアウト:11:00

電話:0859-75-2300

Webサイト:鏡ヶ成キャンプ場

(データ・写真など上記情報は記事作成時点のものです。変更ある場合がありますので参考程度にお願いします。)

[お願い]鳥取マガジンでは皆さんからの地域情報をお待ちしてます!

↓フォロー

鳥取マガジン公式LINE
鳥取マガジン インスタグラム
鳥取マガジン ツイッター
鳥取マガジン ユーチューブ

↑フォロー

鳥取県イベント情報まとめ[3/1~3/10]
気軽に鳥取和牛を楽しめる「焼肉たいへい門 米子店」選べる2つのスタイル!鳥取和牛の食べ放題も!
[InstagamとTwitter]鳥取和牛5000円相当が当たる!「鳥取マガジンと鳥取県牛肉販売協議会のプレゼント企画」
復刻販売!\あのブドーパンが帰ってくる/数量限定「伯雲軒のブドーパン」2024年3月オープン!「MOGU (モグ)」【境港市】
[申込受付中]山陰インバウンド機構シンポジウム「未来に続く山陰の観光」3/26【米子コンベンションセンター】[入場無料]