米子市美術館に戸田海笛の巨大ブロンズレリーフが完成していた!

米子市美術館に戸田海笛の巨大ブロンズレリーフが完成していた!

dsc_2176

こんにちは、鳥取マガジンです。

米子市美術館の前に、米子市出身の彫刻家、戸田海笛の石こうの壁画彫刻「喜怒哀楽の図」のブロンズレリーフが完成しました。

スポンサーリンク

戸田海笛「喜怒哀楽の図」

dsc_2177

この「喜怒哀楽の図」は温泉施設「おーゆーランド」で展示されており、今回米子市美術館に設置されたのは、市民有志が茨城県結城市から譲り受けた石こうレリーフを基に新たに鋳造したものです。

縦1.8m、横7.6mでかなり大きい作品です。近くで見ると迫力があります。

dsc_2178

説明書きにはこう書かれています。

米子市両三柳出身の彫刻家 戸田海笛が、結城紬商 小倉家の招きにより茨城県結城市に滞在していた1917~1920年頃に制作したもので、日本神話の世界を題材として、多くの人物や動物が表情豊かに描かれた作品です。

戸田海笛とは

1887-1931 大正-昭和時代前期の彫刻家,日本画家。
1909年上京後、米原雲海・岡倉天心に師事し、その後文展・帝展に入選しました。1923年パリに留学し、パリでは彫刻のほかに鯉などを描き、「ポワッソンの戸田」と呼ばれ、パリ現代美術館に作品を買い上げられるほどの評価を得ています。

dsc_2179

場所は米子市美術館玄関の向かって右側にあります。大きいのですぐ分かります。

米子のおーゆー・ランドで遺作写真展

今回のブロンズレリーフが設置されたのを受け、おーゆー・ランドで戸田海笛の写真18点を展示されています。こちらでは実物の石こうの壁画彫刻「喜怒哀楽の図」が常設展示してありますので、お風呂に入るついでに見に行ってみてください。

今回のレリーフなかなか大きくて、迫力があります。米子市美術館、米子市図書館、米子市役所に訪れる際には、ちょっと寄ってみて見ることをお勧めします。そして興味がわけば、おーゆー・ランドに行ってみてください。

米子市美術館
鳥取県米子市中町12番地
TEL:0859-34-2424

米子市美術館に戸田海笛の巨大ブロンズレリーフが完成していた!
この記事をお届けした
鳥取マガジンの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク