鳥取マガジンのLINE@でクーポンプレゼント中。詳細はここをクリック

鳥取マガジンが2周年を迎えました

鳥取マガジンが2周年を迎えました

こんにちは、鳥取マガジン(TwitterFacebook)編集長トマルです。

 

2018年4月で鳥取マガジンは2周年を迎えました。鳥取マガジンに関わってくださったすべての方に感謝です。ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

 

編集長トマルが勝手に始めたブログが、なんだかよく分からない使命感のようなものに駆られて続けることに成功しています。今では様々な方に手伝ってもらって運営するようになりました。

 

Facebookの「いいね!」が2000、Twitterの「フォロワー」2500。と少しずつ認知度も上がっています(ほんとに少しずつですが)記事が確実に届くSNSのフォローFacebookに「いいね!」、Twitter「フォロー」を募集中です。

 

しかし収益については、ライターの方や、取材費を払うと完全に赤字です(完全に・・・)。なるべくトントンくらいになるように頑張っています。お金についても考えなければならない時期かもしれません。だれか教えてください。

 

利益が出たときは、すべて地元で使うようにしています。地元の企業、メイドイン鳥取のモノを買い、地元に還元することで、少しでも地域に貢献できればと考えています。

 

スポンサーリンク

鳥取マガジンが進みたい方向

先日厚生労働省が発表した推計で、鳥取県の人口は2045年には44万8000人になると予測されました。21.8%減。特に山間部は人口減少の歯止めがかからない状況です。

 

ただ手をこまねいているわけではなく、地域創生として様々な人が様々な策を講じています。移住者Iターン、Uターンを増やすためのアピール、仕事を増やすための企業誘致、国際線の誘致などなど、、、、行政、地域団体、個人それぞれががんばっています。

 

そんな中で鳥取マガジンができることは何か考え続けています。

 

1、住んでいる人が楽しく

大切にしたいのが、鳥取に住んでいる人です。地域を良くする気持ちを忘れないで、鳥取で暮らしている人のために記事を書きます。そして見る人が楽しめる地域活動(ローカルブログ)にしたいと思っています。

 

2、自分の地域に愛着を

鳥取に愛着を持てるような記事を書きます。鳥取しかない歴史・文化・自然・人、鳥取発の最新カルチャーなどを発信します。多くの人にふるさとの魅力を知ってもらうために活動します。

 

3、思いを共有する仲間がいる

鳥取マガジンを通じて、鳥取に対しての思いを共有できる場をつくります。鳥取マガジンがあることで地域に一体感が生まれ、よりつながりが豊かになる。そんな存在になりたいです。

 

この3つをテーマに鳥取マガジンを続けていこうと思います。

 

まだまだこれから

まだまだ発展途上にある鳥取マガジンですが、一歩ずつ一歩ずつ進んでいます。

 

これからもよろしくお願いします。

 

 

取材依頼・おもしろネタあります・記事を書いてみたいなあ など、ありましたら、下記リンクお問い合わせまで連絡ください。

 

お問い合わせ