LINE@の友だち募集中。詳細はここをクリック

鳥取県の県立学校は5月7日(木)から再開。島根県は5月31日まで延長。

鳥取県の県立学校は5月7日(木)から再開。島根県は5月31日まで延長。

新型コロナウィルスの影響で、鳥取県の県立学校は臨時休校となっていましたが、2020年5月7日(木)から再開されます。

 

消毒、換気、時差登下校、通学バスの増便、分割して授業などの、感染症対策をしたうえでの登校となります。

 

また島根県の県立学校の臨時休業の期間は5月31日まで延長されています。(地域によって分散登校や、早期再開あり)

 

学校の対策

 

以下鳥取県教育委員会より抜粋(https://www.pref.tottori.lg.jp/kyouiku/

 

【感染拡大防止の徹底及び3つの密の回避】

<登校時、授業等の対応>
・列車通学生が多い学校において時差登校を実施
・特別支援学校においては、通学バスの増便等
・1学級の生徒数が多い学級において、分割して授業(オンライン授業との併用なども含む)を行うなど
・部活動は、活動日・時間を厳守した上で実施

<学校の衛生管理の徹底>
・共用物品の消毒
・こまめな換気、密集しない空間確保の工夫、近距離での会話や発声等を避ける等

など

 

詳しくは→https://www.pref.tottori.lg.jp/kyouiku/

島根県は

島根県教育委員会における対応によると(https://www.pref.shimane.lg.jp/education/kyoiku/iinkai/sodan/corona.html

 

県立学校の臨時休業期間を5月31日まで延長し、一部地域を除き「分散登校日」を行うとのことです。

 

※安来市は5月11日(月曜)から当面の間、午前中授業を行い、学校給食終了後下校として再開とのことです。

 

再開と延長

山陰両県で対応の分かれた形になりましたが、気をつけることに変わりはありません。

 

学校はどうしても密になりがちです。感染拡大していないなかで、いつ再開するのかはかなり難しい判断となります。しかし学習の機会、子どもを預かってもらう機会は必要です。

 

「3つの密」を回避し、感染症対策と社会経済活動との両立できそうなのが鳥取県です。

 

今一層個人個人の感染症対策をしっかりしたうえで、「経済活動をしていく」、「地元の経済を回していく」ことが、大切だと思っています。

(上記情報は記事作成時点のものです)

 

[お願い]鳥取マガジンでは皆さんからの地域情報をお待ちしてます!

 

鳥取マガジンLINE@←LINEもやってます。鳥取マガジンTV←YouTubeはじめました。

タイトルとURLをコピーしました