LINE@の友だち募集中。詳細はここをクリック

[速報]県内滞在中の東京男性が新型コロナウイルス県内5例目の感染

[速報]県内滞在中の東京男性が新型コロナウイルス県内5例目の感染

東京都在住30代男性の新型コロナウィルス感染が確認されました。

 

男性は、7月10日に東京から同僚と2人で鳥取県西部を訪問。米子市内のホテルを利用し、7月10日から12日まで大山町商工会で打ち合わせしています。

 

以前7月5日に神奈川県で一緒に会食した友人が新型コロナウィルスに感染したため、鳥取県内でPCR検査したところ、陽性反応がでたということです。現在鳥取大学医学部付属病院に入院中です。

 

現在濃厚接触者などは(7/12現在)調査中とのこと。

 

県の発表(2020年7月12日 23時時点)

1 陽性者の状況、経過・行動歴等
(1) 陽性者の概要

性別:男性
年代:30歳代
職業:会社員
住所:東京都
(2) 経過
7月 5日 県外在住の友人A宅で4名と会食
7月 6日 発熱(37.2℃)、痰あり、市販薬服用
7月 7日 解熱
7月10日 東京都から新幹線、やくも号を利用し、鳥取県西部地区へ訪問
7月10~12日 大山町商工会で打合せ
7月12日 友人Aが陽性の旨、本人に報告あり
→相談センターに相談、帰国者・接触者外来で検体採取
※立ち寄り先は、聞き取り調査中。

(3) 陽性者の状況
感染症指定医療機関に入院中

 

2 対応方針
(1) 患者対応

感染症指定医療機関に入院のうえ、治療を継続
(2) 濃厚接触者等への対応
積極的疫学調査を実施し、濃厚接触者等を特定
→最終接触日より2週間の健康観察
→外出自粛要請
同意を得た上で、濃厚接触者や検査を希望する方等に対し、PCR検査を実施
感染源特定のため、発症前2週間の移動歴を調査し、関係する都道府県に情報提供を行う。

 

鳥取県HP https://www.pref.tottori.lg.jp/item/1216223.htm#itemid1216223

 

県の対応

 

鳥取県西部で新型コロナウィルス注意報が発令されます。2週間(7月25日まで)。

 

発令に伴う対応は、


〇保健所に疫学調査応援職員を派遣
〇医療・福祉施設に施設内感染対策の確認を要請
〇入院協力医療機関に病床確保の準備を要請

 

県庁の対応は、

〇保健所支援のため、常時30名の応援態勢を準備
〇米子保健所については、西部総合事務所においてしっかりとした体制を構築しているところ。それに加え、更に県庁からの応援態勢も再構築。
〇県庁から職員を派遣。(検体搬送、相談窓口、ドライブスルーPCR検査誘導)
〇上記の業務のほか、予備的要員として必要な人員を準備

 

引用HP 2020年7月12日 特措法に基づく鳥取県新型コロナウイルス感染症対策本部(第21回)(県内陽性者5例目の確定を受けたもの)

 

夜遅くにもかかわらず、鳥取県は素早い対応をしています。

 

確かな情報は県のHPで発表されるのでチェックして、自分に当てはまることがあれば、粛々と行動することが大切だと思います。

 

濃厚接触が疑われる場合や、風邪症状や発熱、味覚・嗅覚に違和感が出たら、「発熱・帰国者・接触者相談センター」に相談してください。

0857-22-5625(鳥取市保健所)
0858-23-3135・0858-23-3136(倉吉保健所)
0859-31-0029(米子保健所)

(データ・写真など上記情報は記事作成時点のものです)

 

[お願い]鳥取マガジンでは皆さんからの地域情報をお待ちしてます!

 

鳥取マガジンLINE@←LINEもやってます。

タイトルとURLをコピーしました