LINE@の友だち募集中。詳細はここをクリック

[鳥取本]涙!子どもがスープを作ってくれました!「子どもと楽しむ季節のスープ」

[鳥取本]子どもがスープを作ってくれました!涙!「子どもと楽しむ季節のスープ」

鳥取県出身の東条真千子さんの本「子どもと楽しむ季節のスープ」が発売しています。親と子が一緒に作ることができるからだにやさしいスープのレシピ集で、かわいいイラストと写真が目を引きます。

 

スープのレシピがたくさん


この本は子どもでも作れる、簡単だけど本格的なスープのレシピが書いてある本です。

 

春夏秋冬それぞれの季節ごとに7種類、全28種のスープが紹介されています。かわいいイラストと写真で思わずほっこりしちゃいます。

 

本に書いてあった印象的なコメントに

スープって、いろんなやさいがたべられるし、たくさんつくっておいておけるし、つくりかたはかんたんだし、おぼえておけば、おおきくなってからきっとやくにたつはず!

引用:東條真千子 子どもと楽しむ季節のスープ  p6

 

大きくなってからも役に立つことはもちろん、

 

料理には様々な技術が必要になるので、子どもの知育・食育にもなります。

 

量をはかったり、包丁で切ったり、時間をみたり、”生きる力”を養うのにぴったりです。

 

台所に一冊忍ばせておいて、たまにでも一緒に作ってみるととても良さそうですね。

白菜と鮭の豆乳スープ

この本を買った後、子どもに「スープを作ってみてくれない」と、お願いしていたところ、、、。

 

さっそく作ってくれました。

 

家に帰ると台所に

 

スープがどーん!

 

7歳の子どもと3〇歳のママで作ってくれました。

 

ママ曰く「あまりアドバイスをしないで、手順を確認するだけで、子どもでも簡単に作れたよー」と教えてくれました。

 

子ども曰く「魚を切るのが難しかったけど、おいしくできて良かった」とのこと。

 

僕も食べさせてもらいましたが、とてもおいしかったです。なにより子どもが一生懸命作ってくれたことがうれしかったですね。

 

春夏秋冬のレシピがあるので、季節ごとにいろいろ試してみると良さそうです。デザートものっていたので、今度はそれを一緒に作ってみようと思います。

 

また3歳には絵本として読み聞かせもできました。レシピのところもちゃんと読むと意外と聞いてくれます。(お腹はすきますけど)

 

鳥取出身の著者が書いた本!子育て家庭におすすめの本にできあがりました、チェックしてみてください。

 

 

(上記情報は記事作成時点のものです)

 

[お願い]鳥取マガジンでは皆さんからの地域情報をお待ちしてます!

 

鳥取マガジン求人もやっています。こちら→鳥取マガジン求人

 

おすすめ記事

 

[伯耆町]森のスープ屋さん「cinemaValley(シネマバレイ)」物語が始まる

 

[鳥取本]一家に一冊買ってほしい「ENJOY!Mt.DAISEN 大山のあそびかた」

 

鳥取県在住の作家皆藤黒助さんが本を出版!「ことのはロジック」が面白い