LINE@の友だち募集中。詳細はここをクリック

鬼太郎列車(本物)が聖地「京都鉄道博物館」で展示される!「鳥鐵ノススメ写真展」

鬼太郎列車(本物)が聖地「京都鉄道博物館」で展示される!「鳥鐵ノススメ写真展」

京都市にある京都鉄道博物館で9月7日(土)から16日(月・祝)まで「鳥鐵ノススメ写真展」が開催されます。

 

鳥取の鉄道の旅の魅力を写真パネルで紹介する写真展です。その展示に合わせてJR境線を走る「鬼太郎列車」が特別展示されることになりました。(列車展示は12日まで)

 

京都鉄道博物館

住所は京都府京都市下京区観喜寺町

京都駅の近く。鉄道好きにとっては聖地とされる場所です。

 

子どもにもおすすめの観光スポットです。

写真展と「鬼太郎列車」展示

「鳥鐵ノススメ写真展」は9月7日(土)~16日(月・祝)まで、

 

本館2階で鳥取県内の鉄道風景を中心とした写真パネル約70点及び県内を運行する列車の鉄道模型約10点が展示されます。

 

「鬼太郎列車」展示は9月7日(土)~12日(木)の間、本館1階に展示される予定です。

セレモニー

9月7日には記念セレモニーがあります。そこではゲゲゲの鬼太郎やねこ娘が登場し、会場を盛り上げる予定となっています。

 

また境港市観光PRコーナーが9月7日(土)午後1時から午後5時、8日(日)午前10時から午後5時の間に開設され、

 

観光PRパネルの展示(水木しげるロード、水木しげる記念館等)、観光パンフレットの配布があります。

 

そこでも時間によってゲゲゲの鬼太郎、ねこ娘にも会えるチャンスが。。。

プレゼントもあるよ


「ようこそ鳥取へ!鳥鐵ノススメ4大プレゼント」というプレゼント企画も用意されています。

 

本館2階の写真パネル展示会場で、先着3000名に「鬼太郎列車カード」をプレゼント!

 

「鬼太郎列車カード」をもって、2020年1月13日までに水木しげるロードに行くと、「妖怪ガイドブック」をプレゼント。

 

さらに抽選で200名様に「鳥鐵の旅オリジナルマスキングテープ」や「鬼太郎メモ帳(非売品)」など素敵なグッズをプレゼントがあります。

 

引き換え場所は、境港市観光案内所(JR境港駅となり)です。

全国に鬼太郎列車を見せたい!

鳥取県境港市と米子市に住む人間にとって、鬼太郎列車は日常。すぐそこを走っている列車です。

 

鳥取県は車社会ですので、実際に鬼太郎列車に乗ったことあるかたは意外と少ないかもしれませんが、列車の中も素敵なんです。(是非乗ってみて)

 

東京の友人に言わせると「こんな電車が走っているなんて!!テンションが上がる!鳥取最高!」というお褒めの言葉を頂いたことがあります。(電気じゃないけど)

 

ついに京都鉄道博物館で県外に住む方にお披露目する機会がやってきました。プレゼントキャンペーンも鳥取に来る呼び水になってくれる工夫されたプレゼントとなっています。

 

この機会に是非鳥取県境港に遊びにきてください!

京都鉄道博物館

住所 京都市下京区観喜寺町
時間 10:00~17:30
*入館は17:00まで
料金 一般1,200円 大学生・高校生1,000円
中学生・小学生500円 幼児(3歳以上)200円
休館日 毎週水曜日(祝日は開館)・年末年始
HP http://www.kyotorailwaymuseum.jp/

(上記の情報は記事作成時点のものです)

 

[お願い]鳥取マガジンでは皆さんからの地域情報をお待ちしてます。

タイトルとURLをコピーしました