鳥取マガジン公式LINEを更新中!週に一度にまとめて情報をゲット!

[防災について学ぶ]砂防ダムってな~に?砂防ダムの役割

みなさーん!!突然ですが、”砂防ダム”って知っていますか?

 

今回の記事は、実は鳥取県にたくさんある砂防ダムについて紹介します。現在鳥取マガジンでは、砂防治水のお知らせや防災・お役立ち情報などを定期的に発信しています。これらの情報は鳥取県治山砂防課のインスタグラムでも更新されています。あわせてご覧ください。

 

ダムといえば、こちら↓↓↓を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか・・・???

 

ダイナミックな放水が観光の名所になっていたりもしていますよね。

 

このようなダムは、河川を横断して流水を貯留するために設置されており、発電や洪水調節、水資源の確保、河川環境の保全といった役割があります。

 


では、同じダムでも”砂防”がついているダムってどんな役割があるんでしょう???

 

↓こちらの正式名称は「砂防堰堤(さぼうえんてい)」と言います。

 

このような砂防堰堤が鳥取県内にはたくさんあります。

 

この砂防堰堤の役割は、豪雨や洪水による土砂災害を防ぐための施設で、豪雨などで発生した土砂や流木が河川から流れ込むのを防ぐことで、下流域への土石流や浸水を食い止めます。

 

このイラストのように、土石流を受けとめて、下流側の民家などを守ってくれるんですよ!!

 

一般的な貯水ダムとは違って、水を溜めるダムではなく、土砂災害時などに土石流をせき止め下流の被害を抑えるのが目的です。

 

こちらは、実際の災害時に土石流をせき止め下流への被害を抑えた写真です。

 

砂防堰堤(砂防ダム)は豪雨や洪水などの自然災害による土砂災害から人々を守り、財産や環境を保護する重要な施設です。

 

その役割は地域の安全と発展に欠かせないものであり、予防・対策の一翼を担っています。

 

鳥取県では、土砂災害による被害を防ぐため、土砂災害対策工事や施設整備などの対策をしています。これらと併せて住民一人一人がいざという時、命を守るためにどのような行動をするのか?危険地域はどこなのか?住民自らが日頃から備えていくことが重要です。

 

ハザードマップなどを通して、災害リスクをあらかじめ確認できます。皆さんも一度確認し、土砂災害について考えてみてください。

 

→ 鳥取県土砂災害ポータル https://www.pref.tottori.lg.jp/239601.htm

 

鳥取県砂防治水のお知らせや防災・お役立ち情報などは、鳥取県治山砂防課のインスタグラムにて更新されています。ご覧ください。