鳥取マガジンのLINE@の友だち募集中。詳細はここをクリック

運賃が意外と安い!?鳥取ー出雲に観光列車「あめつち」 2018年7月から

画像JR西日本HP(https://www.westjr.co.jp/press/article/2018/02/page_11958.html)

 

こんにちは、鳥取マガジン(@tottorimagazineです。

 

JR西日本米子支社から、鳥取ー出雲間を新しく運行する観光列車「あめつち」の運行スケジュールが発表されました。

 

運行は7月1日(日曜日)より開始され、土曜日・日曜日・月曜日を中心に、年間150日程度運行されます。(7~11月:計65日)

 

スポンサーリンク

観光列車「あめつち」とは

観光列車「あめつち」とは、鳥取駅から出雲市駅の間での運行される観光列車で、山陰デスティネーションキャンペーンの一環として運行されます。

 

運行は7月1日(日曜日)より開始され、土曜日・日曜日・月曜日を中心に、年間150日程度運行されます。(7~11月:計65日)

 

車両はキハ40系気動車のキハ47形を改造した2両編成(定員59人)で、鳥取出雲間のかかる時間は片道約4時間となっています。

 

車両デザインは出雲市出身の映画監督・錦織良成さんや、松江市出身のアニメーション美術監督・吉田昇さんの協力のもと作られています。

 

停車駅は、鳥取、倉吉、米子、安来、松江、出雲市、玉造温泉。

 

「観光列車 あめつち」時刻表↓

下り[鳥取→出雲市]

運転時刻 下り

 

上り[出雲市→鳥取]

運転時刻 上り

 

「観光列車 あめつち」運賃は?

運賃は鳥取ー出雲市が4540円、米子ー出雲市が2120円となっていて、瑞風に比べると非常にリーズナブルな価格です。

 

単純に比較はできませんが、ちなみに瑞風は2泊3日で50万円~120万円です。

 

鳥取の工芸品も

車内は因州和紙、弓ヶ浜絣、倉吉絣、智頭杉、岩美窯、西尾絞りなど、鳥取・島根の工芸品が使われており、列車の中でも山陰を感じることができます。また、景色が良いところでは徐行し、山陰の美しい風景を堪能することができます。

 

リーズナブルな価格で運行する「観光列車 あめつち」人気がでること間違いなさそうです。瑞風は無理だけどあめつちなら乗れるかも。