鳥取マガジンのLINE@の友だち募集中。詳細はここをクリック

米子にある幻のそば屋「盛屋」好きなお店が増えました。

[盛屋] 米子にある幻のそば屋

こんにちは、鳥取マガジン(TwitterFacebook)です。

 

米子にある東亜青果の前に「盛屋」という幻のそば屋があります。「盛屋」はお昼のみ営業しているそば屋さん。こだわりのそばの実で、自家製粉、そば打ちまで店主一人でされています。

 

店主の人柄に惚れました。

 

スポンサーリンク

盛屋 アクセス

場所はここ↓

住所は鳥取県米子市米原9-3-20

 

米子市米原にある東亜青果。その市場の敷地内にあります。この市場の向かい側。

 

東亜青果の敷地内に入らなければ、お店にたどり着けません。駐車場は東亜青果のものを使ってくださいとのこと。

 

外観はこんな感じです。

 

盛屋 製粉、手打ち、すべて店主一人で

盛屋は、店主とその奥さんが営まれているそば屋さんです。お昼のみの営業ですが、店主は1月1日しか休まないとおっしゃっていました。

 

使っているのは北海道幌加内産のそばの実です。値段は少々張るが良いそばの実。店主はこのそばの実を自ら挽き、自ら手打ちをしてそばを作ります。

 

店主に幌加内がどこにあるか分からないというと、わざわざ地図をだして教えてくださいました。幌加内町は北海道の北部?旭川の北にあります。

 

店主曰く、ここの高校にはそば打ちを教えるところがあるとのこと。「ここの高校生は自分よりも上手にそばを打つ」と笑いながら話す店主が素敵です。

スポンサーリンク

開店時間がお昼のみなのは、閉店してからそばを挽き、そばを打つためです。店主がすべて手作業でやるため時間がかかります。

 

お店をオープンしている時間の倍以上かけて、そばの実を何度もふるいにかけ、粉にして、めんを作ります。

 

この店の前は法勝寺町でお店をやられていたそうです。商店街から大丸に抜ける道沿い。飲食店が軒を連ねた場所です。僕は米子大丸をほとんど知りませんが、きっとすごく活気があったんでしょうね。

 

メニューはかまあげ、山かけ、天そば、もり、とろろの他、そば粥、そばがきもあります。

 

香り豊かで、甘いそばです。

 

何も言わないのに、そば粥をサービスしてもらいました。

 

香ばしくておいしい。

 

この日は遅めに行ったため、最後は僕一人。店主と奥様と話が弾みました。昔の話はやっぱり楽しい。活気があったころの米子の話。旧制中学の話。同窓会があって、正月以外に休みそうになった話。もちろんそばのこだわりの話。

 

店主は1年中働く昭和の男。シャイだけど、話好き。こういう方が日本を支えてくれたんだなあ。と思いました。僕が爪の垢を煎じて飲まないといけませんね。

 

こだわりのそばの実と自家製粉、手打ち。そして素敵な店主。好きなお店がまた1つ増えました。

 

盛屋 データ

住所:鳥取県米子市米原9-3-20
時間:12:00~14:00
休み:不定休

 

関連記事↓

 

レベル高い!![まとめ]米子市のそば屋さんまとめ。

 

ラーメン好きが厳選!米子の美味しいラーメン20

 

うまいところはここ!![まとめ]激戦区!鳥取県米子市のおすすめの海鮮丼