LINE@の友だち募集中。詳細はここをクリック

新オープン!山陰初日本のお米で作った生麺フォー「フォー専門店 あび」

オープン!山陰初日本のお米で作った生麺フォー「フォー専門店 あび」

「フォー専門店 あび」が2020年11月27日にオープンしました。

 

山陰初日本のお米で作った生麺フォーのお店です。

 

カフェのような素敵な店内で、ベトナムの国民食といわれるフォーを食べてきました。

 

さっぱりだけど旨みたっぷりのスープ。モチモチの麺。あまり食べたことなかったフォーですが、ハマっちゃいそうです。

 

スポンサーリンク

フォー専門店 あび

住所は鳥取県西伯郡日吉津村今吉115-1

日吉津村にあります。自動車屋さんを海側に曲がった奥にあります。

 

国道431号線から、イオンモールとアスパルの間の道を日本海側に進んだ場所にあります。

 

お店の外観です。

 

駐車場はお店の前に数台分ありました。止めれない場合はお店の方に問い合わせてみてください。

 

カフェのようなおしゃれな店内でした。

スポンサーリンク

フォー専門店 あび メニュー

ぴり辛牛しゃぶフォー、牛しゃぶフォー、牛すじぴり辛こってりフォー、牛バラのフォー、定番自家製鶏ハムのフォー、鶏塩焼きのりフォー、海鮮トムヤムフォー、アロエカフェの海鮮タイカレー、バインミー(ベトナムサンド)鶏ハムorエビ、あびプリン

 

セットメニューには、生春巻きorバインミー(ハーフ)とプリンがつくようです。

 

追い肉、追いパクチーもできるみたい。

 

ドリンクはコーヒー、紅茶、ジャスミン茶、コーラ、オレンジジュース、アルコールバーバーバー(333)、キリン瓶ビール、ノンアルビール(キリン)

 

となっていました。

 

牛バラのフォー

人生の中であまりフォーというものを食べたことないので、どのメニューを注文するのか迷いましたが、牛バラのフォーを注文しました。

 

フォーの横にあるのは、パクチーとレモン。僕はパクチーを山盛りにして食べましたが、お好みでトッピングすることができます。

 

パクチーは茨城県産無農薬栽培のモノを使用しているとのこと。

 

フォーはベトナムの国民食と言われ、米粉をつかった平たい麺なのが特徴です。

 

スープはあっさりなんだけど、牛ダシが入っているのでちょっと甘めで旨みを感じるスープ。

 

中に入っている牛バラは、甘辛の味付けで味がしっかりあって、スープとよく合います。

 

日本のお米で作った生麺、つるつるとした食感で食べやすい。

 

この味は日本の食堂ではなかなか味わうことができません。

 

さっぱりだけど旨みたっぷりのスープ。モチモチの麺。そして味がしっかり牛バラ。

 

フォー!!くせになりそうです。

 

山陰初日本のお米で作った生麺フォーのお店「フォー専門店 あび」が2020年11月27日にオープン!

 

チェックしてみてください。

スポンサーリンク

フォー専門店 あび

住所 鳥取県西伯郡日吉津今吉115-1
電話 0859-57-2834
時間 11:30~16:30
休み 火曜日、第3月曜日
公式リンク インスタグラム

(データ・写真など上記情報は記事作成時点のものです。参考程度にお願いします。詳細はお店に確認してください。)

 

[お願い]鳥取マガジンでは皆さんからの地域情報をお待ちしてます!

 

鳥取マガジンインスタグラム←Instagramもやってます。チェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました