LINE@の友だち募集中。詳細はここをクリック

日ノ丸バス「米子松江線」が2020年9月30日をもって廃止

日ノ丸バス「米子松江線」が2020年9月30日をもって廃止

日ノ丸バスの米子松江線が2020年9月30日に運行を終えました。

 

乗務員不足や利用者の減少が主な原因です。

 

廃止後は10月1日から一畑バスが一畑バス本社と荒島駅を結ぶ路線「荒島線」の運行を開始しています。米子駅~竹矢間は安来イエローバスが運行し、米子側の停車場を増やして対応するようです。

 

以下日ノ丸バスの発表

 

お客様各位

米子松江線の廃止について

皆様に長らく御愛乗頂きました米子松江線は令和2年9月30日をもちまして、その運行を終えることになりました。利用者の皆様には、永年の御愛顧誠に感謝にたえません。

昭和の初期に運行を開始して以来80有余年皆様に奉仕して参りましたが、近年の乗務員不足や利用者の減少等により残念ながら廃止のやむなきに至りました。

これまで米子松江線をご利用頂きました皆様には格段の御高配を頂きました事を厚く御礼申し上げます。

廃止後は米子駅~竹矢間を安来イエローバス竹矢~松江駅間を松江市営バスが運行します。

日ノ丸自動車共々よろしくお願い致します。

日ノ丸自動車株式会社HP

 

今後の路線については以下HPを参考にしてください。

安来市 イエローバス時刻表(令和2年10月1日改正)

荒島線 (一畑バス本社~松江駅~荒島駅) 2020年10月1日(木)より運行開始

 

80年続いた路線がなくなるのは、時代の流れとはいえさびしいです。

 

地域の公共交通は、赤字路線が増えており、維持できず廃止せざる負えない路線も増えています。

 

そもそもその路線は必要か?必要ならどう維持していくのか?運賃の値上げはどこまで可能か?どこまで市町村が支えれば良いのか?そこに住んでいる住民が路線維持にどこまで負担できるか?需要を呼び起こす方法はないか?など考えることはたくさんありそうです。

 

あれもこれも国や地方に頼れないから、住民一人一人が考えて、選択し決めることが必要だと思います。

 

これを機会に自分の近所にある公共交通機関について、もう一度考えてみるもの良いかもしれませんね。

(データ・写真など上記情報は記事作成時点のものです)

 

[お願い]鳥取マガジンでは皆さんからの地域情報をお待ちしてます!

 

鳥取マガジンLINE@←LINEもやってます。

タイトルとURLをコピーしました