床屋なのに日曜休みになった理由。センスある「BRONX.BARBER&SHOP」

床屋なのに日曜休みになった理由。センスある「BRONX.BARBER&SHOP」

bronx000

鳥取県米子市の郊外に床屋さんがあります。おしゃれなお店なので、BARBERshopと英語で言った方がしっくりくるかもしれません。

場所は米子市河崎。隣りはコインランドリーとクリーニング店。道路を挟んだ方にはドラッグストアひまわいがある場所です。

スポンサーリンク

BRONX.BARBER&SHOP(ブロンクス)

男性の皆さん!最近床屋さん理容室に行きましたか?

このごろは美容室ばっかり行っているんだよ。っておっしゃる方、久しぶりに床屋さんはどうですか?僕もここで髪を切り、久しぶりに(20年ぶり?)髭を剃ってもらいました。やっぱり顔剃りをしてもらうと気持ちいいですね。

おしゃれな床屋さんが、米子市河崎にあります。地元の人しか通らないような道にあるお店には、評判を聞きつけて県外からもやってきます。

県外のお客さんも

bronx001

オーナーの松尾さんにお話を伺いました。

「中学生のころから、友だちの髪をいじるのが好きで、そのまま理容師になった感じです。」

高校を卒業して、そのまま理容師をめざし大阪へ。大阪では下積みも含め7年間修行し、鳥取に帰って6年間働いた。「下積み時代は厳しかったです。大変でした。それをなんとか乗り越えて(今があります)」

そして、昨年この店をオープン。

「お店を出してもうすぐ1年立ちますけど、少しずつリピートのお客さんが増えてきています。近所の年輩の方が来てくれているのもうれしいです。」

「最近はFacebookやInstagramを見られて、県外の遠くに住んでいるお客さんがいらっしゃることがうれしかったですね。」

遠くは広島県からわざわざ髪を切りに来たお客さんがいたとのこと。

親子で愛される床屋さん

bronx002

「あと、ちびっ子の遊びスペースも作っていて、ちびっ子が良く来てくれます。

子どもたちは今はみんな美容室に行っています。理髪店で顔そりをしたことない子どもも多い。中学生くらいのお客さんに「顔そりってなんですか」って聞かれたこともあります。

もちろん美容室さんも良いところですけど、選択肢の中に床屋があっても良いですね。

昔は子どもがおやじに連れられて、おやじの行っている床屋さんに行っていた。ふらっといける、そんな親子で愛される床屋さんになりたいですね。」

日曜休みに変更

2018年4月松尾さんはある決断をします。それは日曜日を休みにすることです。床屋にとって日曜は稼ぎ時。床屋が日曜休みの床屋さんは珍しいかもしれません。

「娘が4月から小学生になったり家族との時間を大切にしたいと思い、定休日を日曜日にすることにしました。いつもBronxに来て頂いてるお客様。無理を言ってすみません。これからも変わらずよろしくお願いします」

多くのお客さんが来るであろう日曜日をお休みにすることは、並み並みならぬ決断だったと思います。おそらく収入も以前と同じようにはいかないはず。

同じ子を持つ親として応援したいです。

BRONX.BARBER&SHOP コンセプト

bronx004

古くから親しまれてきた男達が髪を切り髭を剃り身だしなみを整える場所。床屋/理容室/BARBER,,,,。クラシックな理容の技術と現代のスタイルを融合させた新しいコンセプトのBARBERです。美容院にしかいったことのない男性や昔は床屋さんに通っていた男性など新しいスタイルのBRONXにおこし下さい。

BRONX.BARBER&SHOP(ブロンクス)

住所:米子市河崎1734-2

電話:0859-21-0887

時間:9:00〜18:00

定休日:日曜

Facebook:Facebook

Instagram:Instagram

暮らしのお店の記事はこちら↓

暮らしのお店

米子市の記事はこちら↓

米子市

この記事をお届けした
鳥取マガジンの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク