LINE@の友だち募集中。詳細はここをクリック

住みたい田舎ランキングで鳥取市が総合部門2位!子育て世代が住みたい田舎部門は1位!

住みたい田舎ランキングで鳥取市が総合部門2位!子育て世代が住みたい田舎部門は1位!

 

宝島社『田舎暮らしの本』2月号、「2020年版 住みたい田舎ベストランキング」で鳥取県鳥取市が総合部門2位となりました。

 

昨年は総合部門1位でしたが、引き続き上位のランキングとなりました。

 

田舎暮らしの本とは

田舎暮らしの本」とは、1987年創刊。日本で唯一の田舎暮らしを紹介する月刊誌です。

 

田舎暮らしに役立つ具体的な情報が発信され、2013年2月号から「住みたい田舎ベストランキング」を発表しています。

田舎暮らしの魅力を数値化

今回のランキングは、

 

移住定住の推進に積極的な市町村を対象に、移住支援策、医療、子育て、自然環境、就労支援、移住者数などを含む230項目のアンケートを実施し、

 

629の自治体からの回答をもとに、田舎暮らしの魅力を数値化しランキングしたものです。

 

その結果を人口10万人以上の「大きなまち」と人口10万人未満の「小さなまち」に分けてランキングが作成されています。

 

主なランキングは以下の通り

 

【子育て世代が住みたい田舎部門】

第1位 鳥取県鳥取市 <官民と地域のワンチーム体制で支援>
第2位 福岡県北九州市
第3位 宮崎県延岡市

【若者世代が住みたい田舎部門】

第1位 愛媛県西条市 <若手移住者も起業!>
第2位 鳥取県鳥取市
第3位 静岡県静岡市

 

【総合部門】

第1位 山口県宇部市 <全国で上位の医療環境!>
第2位 鳥取県鳥取市
第3位 静岡県静岡市

暮らしやすい場所!鳥取県

2020年版 住みたい田舎ベストランキングで総合第2位!

 

子育てがしやすく、若者が住みたくなる鳥取県!

 

毎年素晴らしい結果がでています。

 

米子市も「暮らしやすさ日本一!」という評価が出たこともあり、鳥取県全体で暮らしやすい場所で、住みたくなる場所であることは間違いないようです。

 

僕も東京・横浜から、鳥取県にUターンした時には、子育てのしやすさを実感しました。個人的にもとても暮らしやすいと思っています。。

 

鳥取県はとても素敵なところですので、子育て世代に限らず、たくさんの方が興味をもってくれるとうれしいです!

 

みんなおいでよ!鳥取県!

 

田舎暮らしの本』2020年2月号では、

 

■「大きなまち」総合部門・若者世代部門・子育て世代部門・シニア世代部門・:各ベスト40位

 

■「小さなまち」総合部門:ベスト100位、若者世代部門・子育て世代部門・シニア世代部門:各ベスト50位

のランキングを紹介しています。

 

チェックしてみてください↓

 

(上記の情報は記事作成時点でのものです)

 

[お願い]鳥取マガジンでは皆さんからの地域情報をお待ちしてます。

タイトルとURLをコピーしました