【鳥マガ読書部】こどもを授かりたいひとも そうでない人も 「みおごはん」でアンチエイジング!

【鳥マガ読書部】こどもを授かりたいひとも そうでない人も 「みおごはん」でアンチエイジング!

こんにちは。鳥取マガジン角田です。(ブログ:山陰【鳥取・島根】 家族の楽しいを引き出すおかたづけ

ご紹介するのはお料理本です。

しかし、ただのお料理本ではありません。鳥取県米子市にあるミオ・ファティリティクリニックが20年の実績を集大成として監修した「妊活食」の本なのです。

その名も「ママになるためのみおごはん」

食生活を見直すときって皆さんはどんな時ですか?

私は、妊娠をきっかけに見直しました。

ミオ・ファティリティクリニックで出産前には「みおごはん教室」へいったり、出産時の入院中にデザートもついた、満足できるボリュームで、便通も非常に良くなる食事を体験しました。

この本を見つけた時は、これは!待望の本だ!紹介したい!と思ったわけです。

私が出産後入院した当時は、その日、食べた食事を家でも作りたいと言うとわざわざ栄養士さんがお部屋にレシピを持ってきて説明してくれました。

これがその時のレシピ。いまでも、時々作ります。

スポンサーリンク

ミオ・ファティリティクリニックの見尾保幸院長は世界的不妊治療の権威

ミオ・ファティリティクリニックには全国からこどもが欲しい方々が見尾先生をたよって相談にきます。

見尾院長が出産前のセミナーで


「妊娠は奇跡、ものすごい確率ですべてが完璧な時にのみ赤ちゃんは誕生する。検診でも『今は赤ちゃんは元気です、でも生まれるまでは何か月であってもどうなるかわからない、』と言う」


と話していたのを今でも覚えています。

それくらい、奇跡的なことが妊娠であり、出産なのですね。


ママになるための「みおごはん」の中で見尾先生はこう語っています。

不妊は「個性」…

赤ちゃんは夢。夢をかなえるために努力を続けなければなりません。
努力を続けるためにはポジティブな気持ちでないとがんばれません。…

悩むのはご夫婦ではなく専門家である医療者です。…

日々の食事に配慮することは、健康になるだけでなく、
自信や行動力気持ちの持ち方など、人生のすべてにつながります。

今日食べたもので出来上がる私たち。日々の食事を大切にしていたら暮らしも丁寧になるのかなと私は感じています。

本の内容を簡単にご紹介

◆ 卵子の質などこれから赤ちゃんを授かりたい人に知っておいてほしい事。
◆ ライフスタイル別の食事の見直し方
◆ 「みおごはん」とは何か
◆ 季節感を大事にしたレシピ
◆ 簡単に「みおごはん」を始める方法
◆ ミオヨーガについて


ママになりたいと願う人に特におすすめです。

是非、お近くの書店で手に取ってみてくださいね。

当院が開院以来推奨してきた「ごはんと一汁三菜」を基本とした和食をベースに、身体と心にやさしい食事を患者さんへ提供してきた「みおごはん」。


妊婦さんや出産された方だけでなく、これからママになりたいと望む全ての女性に食べていただきたい食事です。


全ページを通じて自然の生命を感じられるイラストを配した絵本のような世界の中で、身体の事、料理、見尾院長の考えなどが展開されています。
収録した献立は全部で16献立、75レシピ


季節に応じた食材と調理方法で、料理の苦手な方にも充分理解して頂ける料理が掲載されていますが、そのレシピは全て当院で繰り返し院内食として提供して来たミオ・ファティリティ・クリニックが自信を持っているおすすめの料理です。


ちょっと大人びた赤ずきんちゃんのナビゲートですすむ「みおごはん」は「治療は夢を持つ事」と語る見尾院長の世界観そのもの!

ぜひ皆さまにご一見頂きたい書籍です。(ミオ・ファティリティクリニックHPより)

つのださちこ

東京の住宅会社やインテリアの会社で勤務した後米子に移り、現在はフリーで、インテリアや整理収納のコンサルタントとして活動中。子育てママとして奮闘中。女性目線、ママ目線での仕事ぶりは多くの方から評価を得る。

ブログ:鳥取・島根 家族の楽しいを引き出すおかたづけ

NO IMAGE
この記事をお届けした
鳥取マガジンの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク