鳥取マガジンのLINE@の友だち募集中。詳細はここをクリック

[子育て講座]パンツの教室って何だ?「とにかく明るい性教育 パンツの教室」

パンツの教室 って何だ?

 

こんにちは。つのだ です。(ブログ:家族と一緒に「あそび」と「暮らし」と「部屋づくり」 15分で人を招けるキレイさ回復 ママ楽★収納術

 

島根県在住の錦織 可奈子先生から「とにかく明るい性教育 パンツの教室」の講座を受けてきました。

 

山陰唯一の「とにかく明るい性教育 パンツの教室」公認インストラクターです。

 

スポンサーリンク

パンツの教室って?

パンツを作るの?ちがいますよ。

 

正式名称は「とにかく明るい性教育 パンツの教室」です。

 

皆さんは、こどもから「赤ちゃんは何処から来たの?」と聞かれたこと一度はありませんか?どんな風に答えました?

 

どう答えたらいいのかわからず、つい、「え?」と怪訝な顔(聞かないでー)って表情をしてしまったという方が多いのではないでしょうか。

 

迷惑そうな顔をしてしまうと、子どもから、この話はママに聞いちゃいけないんだ、と思われせっかくの話をするチャンスを失ってしまうことだってあります。

 

じゃあ、どんなことから話したらいいの?

スポンサーリンク

学校では教えてくれない

小学校の授業参観で性教育の参観はありますよね。

 

行ったことがある方はおわかりかと思いますが、最大の疑問点である、どうやって精子と卵子が出会うかはオブラートにつつまれ、現在の学校教育では教えないことになっています。

 

つまりセックスについてです。

 

しかし、「知らないこと」が引き起こす怖い事、想像がつきますよね。

 

望まない妊娠や性犯罪の被害者、加害者にならないために親にできることがあるというわけです。まさか、我が子が、ないないと思うわけです。

 

しかし、ここ鳥取島根は田舎です。田舎程,犯罪率が高いのだそうです。都会なら、塾だ、デパートだ、なんだかんだ娯楽施設が色々ありますが、無いから、だそうです。

 

がーん。

 

我が子が犠牲者になるのは避けたい。どうするのが一番か?

 

それは正しい性の知識を持たせること。「無知」が一番の餌食になりやすいわけです。

スポンサーリンク

ところで、どうやって子どもと話していくと効果的?

2,3歳から、お風呂でパンツを洗う事、これをきっかけとして日常的に話をしていくこと!

 

オープンンな雰囲気、性のことは大事な事で=自分を大事にする事。

 

交通安全のことのように子どもたちに教えていけばいいのですね。

 

入門編では、

子どもたちの好きな動物の交尾から生命を繋ぐものの、お話をするといいことを教わりました。

 

これが、興味深い!

 

魚で、オスがメスの体の一部になっていまう話、オスにもメスにもなれて、また、オスにも戻れる変化自在な動物の話。

 

これなら、子どもたちと自然に話が弾みそう。

 

子どもたちのタイプ別アプローチもおしえてくれる

こどもの性格をチャート式でたぐっていき、アプローチの方法も教えてくれました。

スポンサーリンク

更に、明るい性教育のために

入門編では、主に安全面についてお話をしていただきました。

 

引き続き初級編、中級編と「とにかく明るい性教育 パンツの教室」はあり、

 

段階を追えば、どんな方もお家でセックスの話ができるようになるとのこと。

 

性教育ついて

□いつかぶつかる壁と思いながら、どうしていいかわからない。

□小学校になり、子供が興味を持ち始めどうしよう。

□親から教わったことがない。

□恥ずかしいという感覚。

□怖いという感覚。

□罪悪感がある。

□子供に上手に伝えるヒントが欲しい。

 

こんな風に思う方、是非「とにかく明るい性教育 パンツの教室」へ行ってみてください。

 

とにかく明るい性教育 パンツの教室 お問い合わせ

錦織可奈子(とにかく明るい性教育 パンツの教室認定インストラクター)

e-mail:ftf.0303@gmail.com
ブログ:https://ameblo.jp/space-uzu

 

2018年8月7日(火)スペシャルセミナーがあります。

 

興味ある方は → スペシャルセミナー

 

つのださちこ

東京の住宅会社やインテリアの会社で勤務した後米子に移り、現在はフリーで、インテリアや整理収納のコンサルタントとして活動中。子育てママとして奮闘中。女性目線、ママ目線での仕事ぶりは多くの方から評価を得る。
ブログ:家族と一緒に「あそび」と「暮らし」と「部屋づくり」 15分で人を招けるキレイさ回復 ママ楽★収納術

 

スポンサーリンク
子育て
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
鳥取マガジン