【日南町】「ときわすれ清水屋」時を忘れてゆったりと。山奥の古民家お蕎麦屋さん

スポンサーリンク

【日南町】「ときわすれ清水屋」時を忘れてゆったりと。山奥の古民家お蕎麦屋さん

こんにちは、鳥取マガジン田中(ブログ:さまよえない田中)です。

日南町にあるお蕎麦屋さん、「ときわすれ清水屋」僕が鳥取マガジンに参加させてもらってから、「紹介したい、でも本当はあまり教えたくない」という複雑な気持ちを抱えていたお店です。

「ときわすれ清水屋」山奥の古民家お蕎麦屋さん

初めての人は、「この先にお店があるのかな?」と不安になるような道を進んでいくと、立派な古民家のお蕎麦屋さんがあります。(アクセス情報は一番下に書いています)

お店の外観。

これは10月の中頃の写真ですが、そろそろ紅葉がきれいな頃かもしれません。例年だと、11月のはじめが見ごろです。

駐車場はお店の前を過ぎて2.30メートル行ったところにあります。

お店の入り口から雰囲気があります。

「ときわすれ清水屋」店内の様子

お店に入ると、立派な梁が目に入ります。太い木を編むようにしてある造りは、珍しいのではないでしょうか。

自在鉤のかかった囲炉裏もあります。

広い座敷。

夏には、障子を開け放ってさらに広々とした空間になります。夏でも涼しい風が通ります。となりの部屋にはテーブルの席もあるので、椅子に座って食べることもできます。

美味しいお蕎麦

ざるそば。900円

割子そば、温かいかけそばもあり、それぞれ、おろしそば、とろろそばにもできます。

おそばは定食にもできます。

定食にすると、季節のご飯と天ぷらが付きます。

自家製粉、石臼挽きの香り豊かな10割そばです。定食のご飯や天ぷらは季節のものを使い、盛り付けもとてもきれいです。

注文を受けてからその順番にひとり分ずつ用意するので、料理がでてくるまでに時間がかかる場合があります。庭を楽しんだり、ゆっくりと時を忘れてくつろいでください。

他にあれこれ予定を入れずに行かれることをおススメします。

お店情報

※お店のおかみさんに葉が色づいたころの写真をいただきました。

建物も立派な古民家ですが、広い庭も四季折々で楽しめます。

住所:鳥取県日野郡日南町菅沢1019
電話:0859-87-0006
※蕎麦が売り切れ次第終了になりますので、電話にてご予約をお勧めします。
営業時間:11:00ー15:00
営業日/土・日・祝日(週末と祝日のみ営業です)
※積雪の為、冬期休業します。

アクセス

米子方面からだと、国道180号線で南部町を抜け日南町へ。峠を越えて少し下ったところの旧・酒ゴリラ、ポプラを目印に曲がり、道なりに約1.3㎞進みます。
初めての人は不安になるかもしれませんが、たどり着いた先には、素敵な古民家のお蕎麦屋さんがあります。

田中正之

鹿児島県生まれ、鳥取大学農学部卒。海外青年協力隊にてパプアニューギニアに赴任。現在は鳥取県日野町にて農業を営む。著書に1年の間、世界一周新婚旅行を敢行した体験を綴った「さまよえる田中」。

ブログ:さまよえない田中

田中さんが書かれた本です↓興味ある人はAmazon。もしくは鳥取マガジンお問い合わせまでお願いします。

【日南町】「ときわすれ清水屋」時を忘れてゆったりと。山奥の古民家お蕎麦屋さん
この記事をお届けした
鳥取マガジンの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク