おじいさんとおばあさん2人でやっている。昔ながらのパン屋「ラビットパン」

rabbitpan

境港市にある竹内交差点のローソン横に「ラビットパン」はあります。

古き良き時代を思い出させてくれます。映画「三丁目の夕日」に出てきそうなパン屋さんです。安くて大きい素朴なパンがたくさん並んでいます。

スポンサーリンク

40年前から続くラビットパン

昔から続いているお店って良いですよね。パン屋さんでもラーメン屋さんでも、昔からあるっっていう佇まいだけで、無条件に応援したくなります。

僕も大好きになってしまったパン屋さん「ラビットパン」に行ってきました。

パンを作っているおじいさんは、なんと80歳を超えてまだ現役。中学校を卒業して、すぐ都会の大手のパン屋さんに就職。その後境港に帰り、パン屋さんをはじめられました。

今から40年前とのことです。

お店のおばあさんに話しを聞きました。

「おじいさんは80歳超えているよ。(店を続けるのが)もう終わりだよ。今のうちだよ。いたしんなって朝起きれんかったら作れんもん」とあっけらかんと笑いながら話してくれました。

「おじいさんは動物パンつくるのが最高だよ。ここのあるやつはおじいさんが1人で作っているから、どこのパン屋さんも作れんと思うよ。」

兵庫県からのお客さん

rabbitpan2

ー うれしかったことはありますか?

「この前兵庫県から来たお姉ちゃんが来てくれたよ。うれしかったよ。良く知らないけど、パソコンかなんて見て」「遠いとこから来てくれるとうれしいねえ」

「昔ね、100円玉を握りしめて、毎日メロンパンばっかり買う男の子がいて、この前何十年ぶりにその子が来てくれたのがうれしかったね。」

ー 安いですね。(価格はほとんど100円〜120円)

「値段は全然上げてないよ。消費税もとらんけん。」

ー 今後したいことありますか?

「(近所のラーメン屋さん)「黄金」のラーメンが食べたい。あそこは火曜日が休みだけん。うちも火曜日休みでなかなかいかれん。」

ー 今度は家族で行きますよ。

「日曜日おいで、日曜日はいつも作らんようなパンを作るけん。」

rabbitpan1

編集後記

店番のおばあさんとパン職人のおじいさん2人でやってらっしゃる、古き良きパン屋さんです。素敵なおばあさんとの話しは、とても楽しかったです。最近の新しいお店も応援したいですが、「ラビットパン」さんのように、長く続いている素敵なお店も応援したいと思いました。

おじいさんとおばあさん2人でやっている。昔ながらのパン屋「ラビットパン」
この記事をお届けした
鳥取マガジンの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『おじいさんとおばあさん2人でやっている。昔ながらのパン屋「ラビットパン」』へのコメント

  1. 名前:みーちゃりバンバン 投稿日:2016/11/10(木) 11:12:01 ID:218aa13b2 返信

    土日限定で作られるソーセージパンとたまごパンがおいしいです
    ソーセージパンは、ふわふわのコッペパンに刻んだキャベツと魚肉ソーセージが入っていて何個でも食べれそうなくらい美味しいです
    人気なので早朝(8時ではもう遅い)に行かないと売り切れてしまいますよ

    • 名前:鳥取マガジン 投稿日:2016/11/10(木) 20:04:55 ID:1094aedd4 返信

      土日限定メニューがあるって、おばあさんもおっしゃってました。
      ソーセージパンとたまごパンも美味しそうですね。素朴なメニューが素敵です。