[米子]2月1日よりオープン。県立米子養護学校の「火木カフェ」

[米子]2月1日よりオープン。県立米子養護学校の「火木カフェ」

「けんべい」の愛称で親しまれている県立米子養護学校内に素敵なお店ができました。

その名も「火木カフェ」。

名前の通り、毎週火曜日と木曜日にオープンします。

県立米子養護学校 アクセス


住所は鳥取県米子市蚊屋343。

JR伯耆大山駅の近くにあります。

「火木カフェ」

「火木カフェ」は県立米子養護学校の校内にオープンするカフェで、学校に通学されている高等部の生徒さんが接客などを務めます。

お茶やコーヒーの他、4月からはおいしいパンの製造・販売もします。生徒さんたちは大山町にあるよしぱんさんから指導を受けられたそうです。

カフェで使用するカップやコースターも手づくりで、カフェの横には生徒さんが作られた商品も並んでいます。手づくりの暖かい作品も手に取ってみてください。

県立米子養護学校「火木カフェ」メニュー

ちらしのメニューはこちら↓

値段もお手頃です。

県立米子養護学校「火木カフェ」営業時間

2018年2月3月の営業日はこちら↓です。

毎週火曜日と木曜日が営業日ですが、春休みなどお休みがあります。

2月と3月は13時30分~15時30分(15時オーダーストップ)

4月から11時~15時30分(15時オーダーストップ)

県立米子養護学校とは

県立米子養護学校のHP「校長室から」によると

本校は知的障がいのある児童生徒に対して教育する学校です。今年度の児童生徒数は小学部46名、中学部33名、高等部71、計150名、教職員数は142名です。

学校教育目標「18歳で自立できる人間を育てる」の下、社会参加と自立を目指し、小・中・高等部12年間の一貫した教育に取り組んでいきます。

県立米子養護学校HP

県立米子養護学校の「火木カフェ」は、学校を地域の方に開放し、地域の方に親しみを持ってもらうためにオープンしたそうです。また生徒さんの学習の場にもなっています。

こんな素敵な場所ができてうれしいですね。米子に応援したい場所ができました。

みなさんも気軽な気持ちで遊びに行かれてはいかがでしょうか?

鳥取県立米子養護学校HP

この記事をお届けした
鳥取マガジンの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!