ローラン この喫茶店の雰囲気が好き。米子市旗ヶ崎に40年以上。鳥取マガジン昭和遺産認定!

ローラン この喫茶店の雰囲気が好き。米子市旗ヶ崎に40年以上。鳥取マガジン昭和遺産認定!

roran10

こんにちは、鳥取マガジン(@tottorimagazine)です。

僕が生まれる前からやっている喫茶店ローランに行ってきました。

場所はこちら↓

住所は鳥取県米子市旗ヶ崎7丁目15−18。

roran2

内浜産業道路(県道47号線)沿いにあるみどりや写真スタジオを曲がったところにあります。住宅街にありますので、初めての人は少し分かりにくいかもしれません。

roran1

駐車場にはこんな看板があります。

roran3

お店に行ってみると、営業しているのかどうか分かりませんが、

roran14

営業中の看板が!

スポンサーリンク

昭和50年からの歴史

roran5

店内に入ると、間違いなく昭和の雰囲気のお店です。

roran6

年期の入ったソファーは居心地がとても良いです。会社の営業帰りにこんなお店でさぼりたい。

roran12

メニューです。

ブレンドコーヒー300円、ミルク300円、ミルクコーヒー400円、ミックスサンド450円、ミルクセーキ450円など。ミルクコーヒーが気になります。

roran9

モーニングもあります。トーストとコーヒーのセットが400円。サンドイッチとタマゴとサラダとコーヒーのセットが500円です。

コーヒーとミルクを注文

roran7

コーヒー

喫茶店の顔というべきコーヒー。飲みやすいなめらかな口当たりのコーヒーです。

roran8

ミルク

寒い日にはほっこり暖かくなるホットミルクが飲みたくなります。

roran10

マスターにお話を聞くと、お店は昭和50年から営業を始められたそうです。およそ40年間旗ヶ崎の地を見守ってきたお店です。

鳥取マガジン昭和遺産に認定です。昭和の喫茶店。飾らないお店の雰囲気も最高ですので、是非ゆっくりくつろぎに行ってみてください。朝7時からやっています。

ローラン この喫茶店の雰囲気が好き。米子市旗ヶ崎に40年以上。鳥取マガジン昭和遺産認定!
この記事をお届けした
鳥取マガジンの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク