[新しいお店][伯耆町]10/30森のスープ屋さん「cinemaValley(シネマバレイ)」オープン。物語が始まりそうな場所。

[新しいお店][伯耆町]森のスープ屋さん「cinemaValley(シネマバレイ)」10/30オープン。物語が始まりそうな素敵な場所。

cinema-valley15

こんにちは、鳥取マガジン(@tottorimagazine)です。

今日は10/30にオープンしたスープ屋さん「cinemaValley」に行ってきました。そこは下界とは別世界が広がっていました。時間があるときにのんびり過ごしたい。

スポンサーリンク

場所「cinemaValley(シネマバレイ)」

場所は大山ペンション村のハジッコ

この辺り。住所は鳥取県西伯郡伯耆町真野694-19。なんだけど、ナビでは伯耆町真野694までしか表示しませんでした。真野694だとペンションマウンテンpapaの横までしか案内してくれません。 大山ペンション村を入って、ペンションマウンテンpapaで右手に曲がり、そのまま奥まで50m進むと右手にお店が見えてきます。

cinemavaller2

最初に見えるのは駐車場。細切れに7~8台止めることができる駐車場の奥にお店があります。

cinemavaller3

道からはお店の裏側が見えます。入り口はぐるっとまわって反対側にあります。

cinemavalley1

入り口

cinemavalley4

外観

スープのお店「cinemaValley(シネマバレイ)」

cinema-valley13

大山の中腹にある小さなスープ屋さん。「うれしい」を映し出す(cinema) 、谷(valley)、でcinemaValley(シネマバレイ)。メニューは週代わり。季節によって、仕入れるものによって出されるスープは変わります。

店内はテーブルが4つ、カウンター席4つあります。けっして広いお店とは言えませんが、こだわりがたくさん詰まったお店です。

cinema-valley17

薪ストーブがバチバチと音をたてていました。やさしい暖かさです。

お店をきりもりするのは、かずぅさん。旅の途中に見たホスピスに、「これだ」と感じて、この場所を作られたそうです。

メニュー「cinemaValley(シネマバレイ)」

cinema-valley19

メニューがスケッチブックで手書きされています。今日のメニューは秋の森のクスクススープ。基本のメニューはこちらのみ。

cinema-valley16

サイドメニューはこちら。雪が降った日に来たら、文庫本片手に「月と赤わいんtea」を飲みたい。

cinema-valley7

森のクスクススープ(1500円)

cinema-valley8

スープ

メニューに書かれていた材料は、ダチョウ農園さんのおいもいろいろ、かぼす、ココナッツミルク、豆乳、クスクス、大山バター、白みそ、ハーブソルト、チーズ、スパイス、まちこ農園さんのにんにく。

お店の庭の森で採れたクロモジが利いています。スパイスに特徴あるスープでした。この日は大山が初冠雪するほどの肌寒い日。たっぷりのスープに身体の奥から暖まりました。

cinema-valley9

森の鉄鍋パン

大山小麦の全粒粉、大山の水で作られた天然酵母の自家製パン。小麦も酵母も地元のものです。スープに良く合うハードパン。酸味が少なく食べやすいパンです。

毎週火曜日に材料を仕入れ、水曜日に1週間のメニューが決まるそう。Facebookでメニューを発表されます。チェックしてみてください。お子様連れの方は確認してから行くと良いかもしれません。

お店の裏に広がるスペース

cinema-valley10

お店の裏には建物の何十倍もある林が広がります。

cinema-valley11

そこにはハンモックがあったり、無造作に机と椅子があったり、物語の中にいるような雰囲気です。

ご飯を食べた後、子どもと一緒に遊びました。木立の中で歩いていると、心が落ち着きます。日々の喧噪を忘れ、ゆるやかな時を過ごせました。

cinema-valley6

お持ち帰りも出来る焼き菓子もありました。

大山の静かな場所にある森に包まれたスープ屋さん。のんびりと過ごせる場所です。居心地が良いのだけど、非日常を感じるお店です。お時間がある日にゆったり過ごしてください。

cinema-valley14

cinema-valley5

[新しいお店][伯耆町]10/30森のスープ屋さん「cinemaValley(シネマバレイ)」オープン。物語が始まりそうな場所。
この記事をお届けした
鳥取マガジンの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『[新しいお店][伯耆町]10/30森のスープ屋さん「cinemaValley(シネマバレイ)」オープン。物語が始まりそうな場所。』へのコメント

  1. 名前:やっすー 投稿日:2016/11/03(木) 21:43:03 ID:252bb7cc2 返信

    こんばんは。お元気ですか? 美味しそうな食べ物ですね。伯耆町にあるのですね。鳥取県には美味しい食べ物がいっぱい有りますね。米子や境港へ行くときは必ず通ります。伯耆町と言えば、幕末維新の時に漢学者、教育者で名高い伊藤宜堂(1792年~1874年)が溝口郷学を開いた町でもありますよ。(関係の無い話をしてごめんなさい。)

    • 名前:鳥取マガジン 投稿日:2016/11/04(金) 13:04:46 ID:a1256b68c 返信

      コメントありがとうございます。伊藤宜堂は知りませんでした。なるほど溝口郷学ですね。ちょっと調べてみたくなりました。