[米子]「笑麺亭」油そばのお店が駅前イオンの近くにオープン。

[米子]「笑麺亭」油そばのお店が駅前イオンの近くにオープン。

shoumeitei10

こんにちは、鳥取マガジンです。

新しいお店のオープン情報ですよ。「油そば専門店 笑麺亭」。なんとあの「SEKAI NO OWARI」のメンバーたちが通い詰めたというお店です。

スポンサーリンク

「油そば専門店笑麺亭」

shoumentei1

場所は駅前イオンの道路を挟んで向かい側。JTB米子駅前店の正面。隣りにはどさんこ大将があります。

地図だとこちら。

以前は秀蘭があった場所ですね。

shoumentei2

駅前イオンがすぐそこに。

shoumentei3

JTBとどさんこ大将を入った通り。

米子で油そば

shoumentei15

メニューは、油そば、辛味油そば、チャーシュー油そば、そしてチータンメン(玉子スープ)のシンプルな構成。鳥取県では油そば専門店は珍しい。

shoumeitei10

油そば並(670円)

お酢とラー油をかける。

shoumentei7

こちらの油そばはそのまま食べるな!と張り紙がしてあります。

以下引用。

まず、何も言わずにテーブルの上にある「お酢」と「ラー油」の容器を見つけて下さい。見つけたら「ラー油」をガバっ!とつかみ取り、何も恐れず麺のまわりにぐるぐると2周程かけてください。そして今度は「お酢」をガシッ!とにぎり、何も疑わず麺のまわりを3周程かける{注!ここで、酸っぱいのも辛いのも嫌いだなと考えてはいけません}

割り箸を小粋に割ったら、どんぶりの底から麺をひっくり返すようにムラがなくなるまで、よーく混ぜてください。

さぁできあがりです。

笑麺亭の油そばの味は、、、。

shoumentei12

なにも言わずに言われた通りにします。

うーん、なるほど。少し香ばしさもある油がおいしい。先ほどかけたお酢がしょうゆベースの油ダレを、すっきり引き立ててくれています。そしてラー油の辛みがくせになりそう。もちもちの中太麺とよく合います。

ちなみに麺は東京の本店でなく、大阪店と同じものを使っているそうです。大阪の水のほうが米子の水に近いらしく、東京と同じ麺で作ると、このもっちり感が出ないらしい。うーん、こだわりを感じます。

shoumentei11

一気に食べてしまいました。ほとんどの男性は並では足りないですね。大盛りか特盛りにすることをお勧めします。

shoumentei8

お水はコーナンのプライベートブランドLIFELEXから、自分で注ぎます。

shoumentei9

感想をかくノートがありました。

好きな味を探せ

shoumentei13

目の前のお酢とラー油を手にとり、ご自分の絶妙な味を見つけ出してください。

とのことです。これは何度も通う必要が出てきそうです。次行ったらお酢を多めにかけたい。

まとめ

米子にニューオープンの「笑麺亭」。店舗は米子のほか、東京、大阪に何店舗かあるだけです。地方都市で笑麺亭の店舗があるのは、今のところ米子だけ!?でしょうか。これはうれしいし、ありがたい。

油そば専門店はこのあたりでは珍しいので、1度食べてみてください。油だれとお酢とラー油の三種の神器の味に、はまるかもしれません。

[米子]「笑麺亭」油そばのお店が駅前イオンの近くにオープン。
この記事をお届けした
鳥取マガジンの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『[米子]「笑麺亭」油そばのお店が駅前イオンの近くにオープン。』へのコメント

  1. […] [米子]「笑麺亭」油そばのお店が駅前イオンの近くにオープン。 […]