[中四国限定]すなば珈琲&大山乳業のコラボ 「らくだの白いこぶチョコ」

[中四国限定]すなば珈琲&大山乳業のコラボ 「らくだの白いこぶチョコ」

すなば珈琲と大山乳業のコラボ商品「すなば珈琲監修 らくだの白いこぶチョコ」が中四国のローソン限定で販売しています。

鳥取県で観光地にもなっているすなば珈琲。白バラ牛乳で有名な大山乳業。二つの鳥取県を代表する会社がコラボしたおやつが「らくだの白いこぶチョコ」です。

監修にすなば珈琲、製造者は大山乳業農業協同組合となっています。

いわゆるチョコトリュフと呼ばれるものなんですが、どんなものかというと。

らくだのこぶのような形状をしたチョコトリュフ、粉末のホワイトチョコで仕上げて、鳥取砂丘に降り積もった雪をイメージしました。チョコトリュフの中にはコーヒー味のホイップクリームをいれました。

とのこと

雪の積もった白砂丘をイメージして作りました。ホワイトチョコのクリーミーでコクのある甘みと、コーヒーの芳醇な香りと苦味の組み合わせが良い商品です。

「らくだの白いこぶチョコ」食べてみた

食べてみると、、、。

外のチョコが甘くて濃厚!そして中に入っているコーヒー味のホイップクリームがビター。振りかけてあるホワイトチョコも甘い。

濃厚な甘さ × ビター × 甘い

中に入っているコーヒー味が効いていて、僕の好きな感じです。1つが意外と大きく、1つ食べただけでも、結構満足感があります。ビターなコーヒー味が口に広がり、贅沢した気分になりました。

ガツンとくる甘さ!これは好きかも。ちょっと一息入れたいときにぴったりです。バレンタインデーのチョコにもいいかも!

雪の降り積もった雪の積もった白砂丘??には見えませんが、味は間違いなしです。

中四国地域のローソンのみの販売となっているので、中四国の方はご賞味あれ~。

スポンサーリンク
この記事をお届けした
鳥取マガジンの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!