[羽田空港]創業者が鳥取県の出身!丸福珈琲。

創業者が鳥取県出身!丸福珈琲

marufukukohi0

東京の鳥取を捜す旅。

今回のお店は「丸福珈琲店」です。

この丸福珈琲店は創業者の方が鳥取県の出身で、大阪で創業されたお店です。

創業の年は1934年(昭和9年)、80年以上の歴史があるお店です。

最近では缶コーヒーのワンダ極(微糖・ブラック)を監修して、注目を集めました。

スポンサーリンク

丸福珈琲羽田空港店

今回は東京の玄関口羽田空港店に行ってきました。

場所は羽田空港の中。第1旅客ターミナルビル1F到着ロビーにあります。

ちょうどJAL国内線到着口の前です。

marufukukohi2

メニューです。

marufukucoffee

今回は丁度朝だったのでモーニングを頼みました。

モーニングメニュー、ランチタイムメニューなど、飲み物以外のメニューも豊富です。

marufukukohi3

丸福カリートーストセット(630円)

トーストの上にカレー風味のチーズが乗っています。

美味しい匂いと辛さで食欲の出ない朝にぴったりです。

ブレンド珈琲を単品で頼むと560円ですからモーニングはかなりお得です。

ブレンドは深い濃い味ですが、雑味が少なく飲みやすかったです。

ミルクと角砂糖(久しぶりに見ました)を入れて飲みました。

メニューも食器、コップも古き良き時代の喫茶店を思い出されます。

カップ&ソーサーは宮内庁御用達の陶器の会社が、作っているものを使用しているそうです。

marufukucoffee

また珈琲の他の名物はミックスジュース。昔ながらの懐かしいミックスジュース。このミックスジュースのファンの方も数多くいるみたいです。

最近はコーヒーを飲む場所はスタバ風のカフェが多い中、昔ながら喫茶店の丸福珈琲はホッと落ち着ける場所です。関東、関西に20店舗以上あるので、近くに行ったときに覗いてみるのも良いかもしれません。

[羽田空港]創業者が鳥取県の出身!丸福珈琲。
この記事をお届けした
鳥取マガジンの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク