[米子]エル珈琲。珈琲と音楽のクオリティが高い!地元の人だけが楽しむのはもったいない。とりまが昭和遺産認定。

[米子]エル珈琲。珈琲と音楽のクオリティが高い!地元の人だけが楽しむのはもったいない。とりまが昭和遺産認定。

lcoffee4
米子市河崎に喫茶店があります。エル珈琲。僕が小さい頃からある珈琲屋さんです。

河崎小学校を米子方向に向かい、道がカーブする始まり辺りにお店があります。

地図だとこちら。

店内に入ると、珈琲の香りとジャズの音楽。古き良き喫茶店です。近所の人たちの憩いの場となっていました。そして珈琲、食べ物が安くてクオリティが高い。これは近所の人たちだけではもったいない穴場です。

スポンサーリンク

エル珈琲

lcoffee4

椅子に座ると、おしぼりとお水がでてきます。スターバックス、ドトールなどのチェーン店に行き慣れていると、まるまったおしぼりが、こうしてコップで出てくるのが新鮮に思えて来ます。昔はこうやっておしぼりがでるところありましたよね。

ちょうど朝だったのでトーストモーニングを頼みました。11時までモーニングを頼むことができます。

lcoffee7

サラダ、トースト、ヨーグルトそして珈琲がついて500円です。

サラダはポテトサラダで、カラシの味が効いてて、とても美味しい。これはおすすめ。

lcoffee6

コーヒーです。雑味がなくすっきりした味わいですが、それだけでなくコーヒーの苦味もきちんとあるバランスが良い珈琲。うーん、なかなかです。

lcoffee8 lcoffee9

メニュー。トーストモーニング(500円)、ランチのエル珈琲特製オリジナルドリアが気になります。ブレンドコーヒーが300円。

JAZZが流れる喫茶店

img_20160921_121538

店内はJAZZが流れています。

お店自体は40年ほど前からありますが、現在の店主になってからは9年程。前の方はかなりの音楽好きで、壁にスピーカーを埋め込んだり、たくさんのレコードがあります。

lcoffee10

これが壁に埋め込まれたスピーカー。音にもこだわっています。

こだわりの焙煎珈琲

lcoffee11

珈琲はのれん分けした出雲のエル珈琲で焙煎しているそうです。出雲にある巨大な焙煎機で焙煎した珈琲豆は、小さい焙煎機で焙煎したそれよりも、味に深みがでるとのこと。

現在の店主の以前のお仕事も珈琲の関係するお店だったそうです。味と値段のバランスが難しい中、300円でこのクオリティの珈琲が飲める喫茶店はそうそうないと感じました。

お店の中

lcoffee15

テーブル席が6つ

lcoffee13

カウンター席もあります。

昔からある喫茶店エル珈琲。おいしい珈琲と素敵な音楽を楽しめるお店には、近所の人がたくさんいらっしゃっていました。こんなお店が近くにあると良いなって思えるようなお店です。こんな所にこんな良いとこがあったんですね。

40年の歴史があるということですので、とりまが昭和遺産認定!です。

エル珈琲
鳥取県米子市河崎1233-1
0859-29-6603
9:00~18:00(L.O.17:30)
定休日 日曜日・第1土曜日・第3土曜日
変更点ある可能性がありますので、詳しくはご確認ください。

lcoffee16

お店の外観です。

lcoffee3

看板。

[米子]エル珈琲。珈琲と音楽のクオリティが高い!地元の人だけが楽しむのはもったいない。とりまが昭和遺産認定。
この記事をお届けした
鳥取マガジンの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク