[米子]軽食喫茶ハマ ツイッターで8000以上のリツイート。勇気を出して入った、時が止まった喫茶店。

[米子]軽食喫茶ハマ ツイッターで話題。時が止まった場所。

keishokukissahama2

こんにちは、鳥取マガジンです。

先日あるツイートが話題になりました。

このツイートは、なんと!?8000以上リツイートされたのです。(2016/06/20現在)

そしてこちらは1000以上のリツイート。

ツイッターによって突如全国の人に知られることになった「軽食喫茶ハマ」に行ってきました。

場所は、米子市紺屋町、米子高島屋と中海テレビ放送のビルの通り。下に地図を貼るので確認してくださいね。

ツイートのとおり、そこには別世界が広がっていました。

スポンサーリンク

ツタの絡まるお店。

keishokukissahama1

お店にはツタがからまっています。建物全体にツタがからまり、これだけでも別世界のよう。

keishokukissahama3

こちらが入り口。本当にこのお店はやっているのか不安になりながら、おそるおそるドアを開けると、、、。

そこには異次元の世界が、、、、、。

時に取り残されたような場所

keishokukissahama4

時を忘れた時計がところせましと並んでいます。

keishokukissahama5

こちらの壁にも古い時計たちがならんでいます。どれも止まっており、今は時を告げることはありません。

こんなに時計があるのに今何時かは分からない。きっと3次元の時間の単位では進まない空間なんでしょう。

SF小説では4つ目の次元は「時間」ということになることが多いですが、まさにそれを暗喩しているかのように時計が並んでいます。

keishokukissahama6

電話や亀さんの剥製もあります。

壁の秩序なく並べられた物を見ていると、一瞬どこにいるか忘れてしまうようです。

メニューも昭和料金

keishokukissahama7

コーヒー250円、ココア300円、ジュース300円、そして、焼きめし400円、スパゲテイ400円。

シンプルなメニューでとても安い。おそらく昭和の頃からほとんど変わっていない料金設定。素敵すぎます。

焼きめし、スパゲテイっていうのがなんだかいい感じですし、メニューのフォントもかわいい。

この日は閉店間際に行ったため、食事は注文できず、コーヒーを注文。

keishokukissahama8

コーヒー250円でお菓子が付いてきました。

こんなにたくさんお菓子がついているのは何かの間違いだろうか。

勇気を出して扉を開けよう

keishokukissahama10

お店の人に、なんでこんなにたくさん時計があるのですかと伺うと、「なんとなく増えました」との言葉。

そしてツタについて伺うと、「小さなツタがどんどんのびて、気がついたらこうなっていました。」って、時計もツタもアバウトすぎる!!

なんとなく、気がついたら。素敵な言葉です。

魔女がいそうな喫茶室ハマ。

この雰囲気を味わうことができるのは、扉を開ける勇気があるものだけだ。

軽食喫茶ハマ

住所:鳥取県米子市紺屋町135

定休日:日曜・祝日

営業時間:8:30~16:30

営業時間・定休日などは変更の可能性ありますので、ご確認ください。

keishokukissahama9

ツタに覆われた建物

keishokukissahama12

どの時計も動いてはいない

keishokukissahama13

椅子と机

[米子]軽食喫茶ハマ ツイッターで8000以上のリツイート。勇気を出して入った、時が止まった喫茶店。
この記事をお届けした
鳥取マガジンの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『[米子]軽食喫茶ハマ ツイッターで8000以上のリツイート。勇気を出して入った、時が止まった喫茶店。』へのコメント