[米子]käsi (カシ)。青い車のクレープ屋さん。米子でクレープならここ!人生初のクレープを食べた。

[米子]käsi (カシ)。青い車のクレープ屋さん。米子でクレープならここ!人生初のクレープをたべるならここ。

こんにちは、鳥取マガジン(@tottorimagazine)です。

今回はクレープ屋さんに行ってきました。青い車が目印のクレープ屋さんです。米子の知る人ぞ知るクレープ屋さんです。

スポンサーリンク

käsi (カシ)のアクセス

現在は米子TSUTAYA弓ケ浜店の前のスペースで販売されています。
場所はこちら↓

TSUTAYA弓ケ浜店の住所は鳥取県米子市夜見町2937-3。

国道431号線沿いです。隣りにははなまるうどん、西松屋、道路をはさんで向かい側にはスーパーマーケットのいしかわがあります。

青い車が目印のクレープ屋さん「käsi (カシ)」

TSUTAYA弓ケ浜店の入り口に、ひときわ目立つ可愛い車があります。käsiです。移動販売車の中でクレープを作って、販売されています。

makea(甘いクレープ)、suola(甘くないクレープ)

メニューの1部です。生クリーム(370円)、チョコレート(420円)、キャラメル(420円)、いちご(520円)となっています。

クレープは甘いイメージですが、甘くないクレープもあります。クリームチーズ&ペッパー(400円)、スモークサーモンとクリームチーズ(600円)。簡単な食事にもなりますね。甘いのが苦手な人や、ダイエット中の人にもお勧めできます。

いちごのクレープ(mansikka)

ふわっとした生地に、生クリームといちご。クリームの甘さといちごの酸味が絶妙です。生地もGOODです。これはヒットでした。いちごクレープおすすめですよ。

こちらはバナナチョコ!

クレープが入っている紙のイラストもおしゃれです。

お店の名前はフィンランド語で「手」を意味する「käsi」から付けたそうです。ひとつひとつていねいに作られるクレープ。「手」という名前にぴったりのお店です。

人生初のクレープ

今回クレープ屋さん「käsi」に行ったのは、こんな経緯からです。

子どもが保育園のお店屋さんごっこで、クレープ屋さんをすることになりました。

そこで衝撃的な事実が発覚しました。

子どもが「クレープを食べたことない!」と言うのです。

僕の子どもはもうすぐ6才!
生まれてから1度もクレープを食べたことなかったのです。(本当かな?)

そこであわててクレープ屋さんに行きました。

人生初のクレープを食べるならここです。

人生初のクレープの感想は、もちろん「美味しかった」ということでした!

クレープが食べたくなったら、米子TSUTAYA弓ケ浜店に行こう!

おしゃれな移動販売車のクレープ屋さん。色々な味のクレープが食べられますよ。

僕が伺った日も、次々とお客さんが注文されていました。この辺りにテイクアウトのクレープ屋さんって意外とないので、貴重なお店ですね。

米子で美味しいクレープが食べたくなったら、青い車を目指してGO!クレープを食べたことない人もおすすめです。

käsi(かし)

住所:現在はTSUTAYA弓ケ浜店(鳥取県米子市夜見町2937-3)

営業時間:11:30~17:00(日・祝18:00頃)

お休み:不定休。

インスタグラムにお休みの情報がありますので、確認してみてください。käsiインスタグラム

お店の情報などは変更ある場合もありますので、ご確認ください。

2月の定休日情報はこちら。変更がある場合もあるようです。

家でもクレープって作れるのでしょうか?

[米子]käsi (カシ)。青い車のクレープ屋さん。米子でクレープならここ!人生初のクレープを食べた。
この記事をお届けした
鳥取マガジンの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク