LINE@の友だち募集中。詳細はここをクリック

[安来市]なぜ?トリックアート?どうしてそうなるの?「ふしぎな科学展」

[安来市]なぜ?トリックアート?どうしてそうなるの?「ふしぎな科学展」

安来市にあるアルテピアで開催されている「ふしぎな科学展」は、目の錯覚を利用した様々な面白い作品が展示されています。全53点の不思議な作品に騙されること間違いなしです。子どもから大人まで楽しめる作品展となっています。

 

2019年1月26日(土)~2月11日(月・祝)まで開催中です。

 

安来市総合文化ホール アルテピア アクセス

住所は島根県安来市飯島町70

2017年にオープンしたばかりの新施設。大ホール、小ホール、展示室、カフェ、会議室など、さまざまな施設があります。

 

コンサートや市民の発表の場として利用されています。

 

「ふしぎな科学展」はアルテピアの小ホールで開催されています。

 

外観です。

ふしぎな科学展 概要

いきなりどーん。ふしぎな科学展では、崖のぼりの体験ができる、、、、、わけではありません。これも大型の鏡を利用したトリックで、

 

下で寝ころぶと、まるで登っているかのように見える展示。これは面白い

 

動画だとこちら↓

 

「girl」と「rose」まったく違う単語ですが、うまく重ねると、、、

 

まったく違う単語が表れました。

 

その他、なぜか登っていくボール。登っていくように見えるボール?

不思議な動画です。

 

こちらは通常はこのように見えますが、前にある穴から見ると、、、、

 

うん?まっすぐ??

 

鏡の迷路もあって、中に入ると、どこか鏡でどこが通路か分からない。僕も手探りで進みました。

 

その他、3Dメガネをかけて入る「3D迷路」、光が消えない「ほたるアート」、なぜかロープが七色に輝いて見える「レインボーロープ」

 

向かい合ってのぞき込むと、それぞれの顔が万華鏡のように写ってみえる「顔万華鏡」

 

などなどまだまだたくさんの展示。全部で53作品が展示してあります。

まとめ

島根県安来市のアルテピアで開催されている「ふしぎな科学展」。子どもから大人まで楽しめる展示があります。

 

分かっていてもだまされる。本来見えているはずのモノが、脳によって違うように見える?感じる?なぜか本当のことを認識していない。これには驚かされました。

 

この展覧会はとくに大人の方に行ってほしい。不思議な現象を本当の意味で楽しめるのは大人だと思います。実は写真もたくさん撮って帰ったのですが、実際の体験や動画のように感動を伝えることができないので、載せるのを控えた写真もたくさんあります。

 

小ホールですので、それほど広い展示スペースではないのですが、遊び心をもった大人の方なら1時間以上は楽しめます。是非楽しむ気持ちをもって、アルテピアに行ってみてください。

ふしぎな科学展データ

開催日 2019年1月26日(土) ~ 2019年2月11日(月)
時間 開場:10:00  閉場:17:00
※最終入場:16:30
会場 アルテピア小ホール
電話 0854-21-0101
料金 こども当日券:500円
おとな当日券:700円
※おとな券は高校生以上、こども券は3歳以上が対象。
(3歳未満は無料です。)
※休館日は1/29(火)・2/5(火)

[お願い]鳥取マガジンでは皆さんからの地域情報をお待ちしてます!

 

おススメ記事

 

とりあえず最初に見て、鳥取マガジン!まとめ記事のまとめ

 

ミシュランガイド鳥取 鳥取県西部(米子市、境港市、伯耆町、大山町、日野町)

タイトルとURLをコピーしました