[大山トムソーヤ牧場]小さいお子さんがいる家庭におすすめ。大山観光にもぴったり。

[大山トムソーヤ牧場]小さいお子さんがいる家庭におすすめ。大山観光にもぴったり。

大山トム・ソーヤ牧場に行ってきました。

小学校に上がる前のお子さんだったら1日中楽しめる、ふれあいミニ動物園です。

スポンサーリンク

大山トム・ソーヤ牧場 アクセス

場所はここ↓

住所は鳥取県米子市岡成622-2

米子ICから大山方向に向かう途中にあります。大山乗馬センターの手前です。

近くにはシャトーおだかの農園レストランがあります。

[米子]ご存知!農園レストラン。690円で食べ放題の衝撃。現在昼も夜も690円。しかも+100円で大浴場も!

トム・ソーヤ牧場に行って、農園レストランに行くのが、子育て家庭の鉄板のおすすめコースになっています。

大山トム・ソーヤ牧場は動物とふれあえる

大山トム・ソーヤ牧場は広い敷地にたくさんの動物がいます。その動物たちにエサをあげたり、なでたり、ふれあって遊ぶことができます。

すぐそこにいるポニーは大迫力。ポニーの背中にまたがって場内を散歩することもできます。

カピバラもいます。1日に何度かあるカピバラふれあいタイムには、エサをあげることもできます。(無料です)

近くでみるカピバラはテレビよりもかわいく感じました。

動物とふれあいタイム

ふれあい広場では、うさぎ、モルモットを『なでなで』。

触ることで動物に親しみをもったり、小さい生き物を大切にするやさしい気持ちが育ってほしいですね。

大人はかわいい動物に癒されます。

ふれあい広場にはマーラもいます。マーラはカンガルーみたいですが、ねずみの仲間なんです。

アルパカ・アルパカ・アルパカ

アルパカ広場です。なんとここのアルパカは中四国地方初登場らしいのです。レアな動物がこんなところに!!

ふわふわの毛がかわいい!アルパカはお散歩タイムがあり、歩く姿をみることができます。

南米の高地出身のアルパカさんは暑いのが苦手、暑い夏はお散歩しないこともあるそうです。



スポンサーリンク

おすすめはわんわんランド

わんわんランド!犬とふれあうこともできます。ここの犬はみんなおとなしいから、小さい子どもも『なでなで』することができました。

わんちゃんのコーナーは子どもはもちろん、大人の方が癒されていました。犬好きはおすすめです。

めーめーランドも、柵の中に入って、すぐ隣りに羊さん、やぎさんを見ることができます。

やぎさんもジッと観察できます。

個人的にはリクガメ

リクガメもいます。僕はこのリクガメが大好きで、このカメを見るのが毎回楽しみです。

この日のイベントは、アルパカのお散歩タイム、ポニー乗馬体験、カピバラふれあいタイム、ミニブタレースでした。他にもヤギの乳搾り、エサやり体験ができます。

夏はカブトムシ園が誕生。珍しいカブトムシやクワガタがたくさんいます。買って持って帰ることもできます。

動物たちと触れ合えるほか、遊具もあります。

せっかく動物と触れ合えるのだから、動物と遊んで欲しいと思うのは大人の本音。

そんなことはつゆ知らず、子どもたちはミニアスレチックで長い間遊んでいました。

シロツメクサを摘んだり、お花を摘んで遊んだりもできますよ。それも楽しい。

暑い日はソフトクリームもいいですね。ヤギのミルクを使ったソフトクリームなんて珍しいですね。

炭焼きバーベキューもできます。新鮮な食材を自分たちで焼いて楽しめます。200名の団体もOKということなので、子ども会などで楽しむのもおすすめですね。

屋外の他、室内でも軽食やバーベキューを楽しむこともできます。

また遊びに行こう。

大山トム・ソーヤ牧場
住所:鳥取県米子市岡成622-2
電話:0859-27-4707
FAX:0859-27-4834
年中無休
営業時間:9:00~17:00
入場料:3才~700円、中学生以上800円、団体30名以上100円引き
ペット同伴の入場は不可
無料駐車場100台完備
バス:大山寺方面行き岡成下車徒歩5分
観光道路経由本宮・大山線下り
観光道路経由本宮・大山線下り

[大山トムソーヤ牧場]小さいお子さんがいる家庭におすすめ。大山観光にもぴったり。
この記事をお届けした
鳥取マガジンの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク