鬼太郎もびっくり!境線でICOCAが使える!しかもJR西日本で初の車載型IC改札機。

境線にJR西日本初の「車載型IC改札機」を導入

JR西日本から大ニュース!鳥取県西部を走る境線で「ICOCA」が使えるようになります。

しかもJR西日本初の「車載型IC改札機」を導入というから、驚きです。

 2019年春、JR西日本では初の「車載型IC改札機」を導入することにより、新たに境線(米子~境港駅間)へICOCAをご利用いただけるエリアを拡大します。

JR西日本HP

車載型IC改札機とは

JR西日本のHPを見ると、汽車の中にIC専用型改札機があり、それにICOCAをタッチして乗りります。そして降りる時もタッチして出る。そんな仕組みです。ちょうど都会のバス・世田谷線のような形でしょうか。

ちなみに、ICカードには、あらかじめお金をチャージするか、定期券を買って入れるかとどちらかが必要です。

JR西日本初というから驚きです。鳥取県の境線が初!なんかうれしい。

境線ICOCAのサービス開始時期は?

2019年(平成31年) 春(予定)ということです。

ICOCAとは?

「ICOCA」は、きっぷの機能をICカードにプラスしたカードです。 チャージ(入金)しておくことにより、改札機にタッチするだけで乗車区間の運賃を自動的に精算することができます。

JR西日本

JR境線は、米子駅と境港駅以外は無人駅。そしてすべての駅に妖怪の名前で通称がついています。ちなみに米子駅はねずみ男駅、境港駅は鬼太郎駅、途中の三本松口駅はそでひき小僧駅などとなっています。


そんな素敵な路線にICOCA導入!


妖怪のICOCAデザインカードを作れば、盛り上がること間違いなしです。

鬼太郎もびっくり!境線でICOCAが使える!しかもJR西日本で初の車載型IC改札機。
この記事をお届けした
鳥取マガジンの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク