子どもがいても諦めたくない! Let’s ZUMBA®️!

子どもがいても諦めたくない!Let’s ZUMBA®️!

こんにちはつのだです。

今回は子供連れで行けるフィットネスサークルに潜入してまいりました!


きっかけは、3人のお子さんの育児に忙しいとある ママの一言から始まりました。

「こどもがいるから、行きたくてもいけないんです。」

そう、子ども連れでは行けない所、色々ありますよね。

運動もそう。独身のころはスポーツクラブに通ってたけど、、、ダンススクールに行っていたけど、、、

子どもの風邪だとか行事の都合で自分の予定を左右されるから行けない時の月謝が痛い、、

あー、でも体を動かしたい!


こんなママたちにこの方が手を差し伸べてくれました。

インストラクターの足立敏美さんです。

なんと、参加費1回500円でズンバ教室をこころよく引き受けてくれました。

この取り組み昨年11月から始まりました。冒頭のママ『Hさん』を中心とした「WLZ (We love zumba)」の活動です。


託児はありませんが、こんな風に遊び場を作ってお互い様の雰囲気の中やっております。


それでは、ようやくズンバって何?

ズンバ (zumba)とは、コロンビアのダンサー兼振り付け師であるアルベルト・”ベト”・ペレズによって創作されたフィットネス・プログラムの名称である。
主にラテン音楽 (クンビア、サルサ、メレンゲ、マンボ、チャチャ、レゲトン、ソカ、サンバ、アシェ,ミロンガ)などによってエクササイズが行われるが、これにヒップホップ やフラメンコ、タンゴ、ベリーダンス、ボリウッド (インド舞踊)などが加わる。さらに2016年からは JPOPが追加された。

出典:ウィキペディアより

ダンスフィトネスと言われるもので、世界中の様々なジャンルの曲を楽しみながら取り組めるものだそうです。



スポンサーリンク


さて、参加して参りました。

まずはウォーミングアップから始まります。

足立先生の掛け声でかっこよく、

「スピードアップ」「Hey!」「Nice!」

「ありゃ、右か左か、」

「上か下かどっちの手をあげるんだ?」

なんて混乱しているうちにどんどん進みます。頭の運動にもなりますねえ。

いろんな曲で 楽しい!

下手だとかついていけないとか関係ありません。

出来る範囲で楽しくがモットー。

(片づけも自分たちでします)

「WLZ (We love zumba)」

不定期の土曜日15:30〜16:30

福米東公民館にて開催しています。

人数制限もありますが、ご興味ある方は足立先生までお問い合わせしてください。

足立敏美先生:adachitoshimi@gmail.com

ほかにも足立先生はピルビスワーク(骨盤呼吸体操)に力をいれています。

これも興味深いですね。

ペップ・ボディワークス(米子市錦海町1-10-2)など複数カ所で教室をされています。

スケジュールは足立先生のフェイスブックで確認できますよ。

https://www.facebook.com/toshimi.adachi

こちらもどうぞ、ご覧ください。

つのださちこ

東京の住宅会社やインテリアの会社で勤務した後米子に移り、現在はフリーで、インテリアや整理収納のコンサルタントとして活動中。子育てママとして奮闘中。女性目線、ママ目線での仕事ぶりは多くの方から評価を得る。
ブログ:鳥取・島根 家族の楽しいを引き出すおかたづけ

子どもがいても諦めたくない! Let’s ZUMBA®️!
この記事をお届けした
鳥取マガジンの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク