[感想]ゴーストバスターズ(2016) 旧作ファンが「にやり」とするシーン満載。

ゴーストバスターズ3 旧作ファンは必見。

ghost1

こんにちは、鳥取マガジン(@tottorimagazine)です。

高校で映画研究部部長だった編集長トマルの鳥取で見れるおすすめの映画!

ゴーストバスターズ3を見てきました。

ゴーストバスターズ3は、

1984年北米興行収入第1位、歴代では7位(当時。2009年時点では37位)という大ヒットを記録した。アイヴァン・ライトマン監督。

Wikipedia

という大ヒット映画の続編です。

あの僕にとって古き良き映画の時代。スターウォーズ、グーニーズ、バックトゥーザフューチャー、スタンドバイミー、そしてゴーストバスターズの80年代の輝ける映画たち。大好きな映画です。その80年代の面白映画の1つであるゴーストバスターズに続編が出ました。

これは期待しないわけにはいきません。

スポンサーリンク

メインキャストは女性4人

gb_2016_gallery_watermarked_09

出典:http://www.ghostbusters.jp/gallery.html

なんとメインキャストは全て女性。このメインキャストたちが良い味をだしています。特にケイト・マッキノンっていう女優さんが良かったです。頭が振り切っている人の役を、あんなにキュートに演じきれる女優はそういない。今後の活躍を注目したいですね。

旧作ファンはおもわず、、、。

<span class='bioContainer'><span class='bioTitle'>マシュマロマン</span><br /><hr class='bioHR'/><span class='subBio'> </span><br /><span class='bio'>ステイ・パフト・マシュマロ社のマスコット。とある理由で、破壊神ゴーザがマシュマロマンの姿でNYの街を襲い、ゴーストバスターズと戦った。</span></span>

出典:http://www.ghostbusters.jp/ghostbusters-1-and-2.html

映画全編にわたって、旧作のオマージュにあふれ、旧作ファンは思わずにやりと笑ってしまうシーン満載です。映画のテンポが良いので、ずんずんみることができます。

CGもかなりすごい。ただリアルに作るだけでなく、あえてチープ感出す演出。ハリウッドはやっぱりすごいですね。このクオリティは邦画ではまねできないです。

簡単なあらすじ

ニューヨーク。コロンビア大学の素粒子物理学博士エリン・ギルバートは世界初の心霊現象の科学的立証のため、日夜研究を重ねていた。
しかし、大学側に一方的に研究費を打ち切られたことをきっかけに、その知識と技術を活かすため、“幽霊退治”を行う会社「ゴーストバスターズ」を起業するが―。

予告編はこんな感じ。

予告編もよく出来ています。

他の人の感想は?

なかなか評判よさそうです。

トマル的感想

よく出来た映画です。1つ1つの絵のクオリティが高い。音楽もかっこいい。脚本の突っ込みどころもたくさんあるけど、力技でまとめきったという作品でした。

ハリウッドの映画力のすごさを感じました。脚本があれでも、面白い作品に仕上げてくるところはすごい!

旧作ファンにおすすめします。楽しめる映画でした。

[65点]

鳥取・島根上映館

MOVIX日吉津(日本語字幕)

T・ジョイ出雲(3D日本語字幕)

[感想]ゴーストバスターズ(2016) 旧作ファンが「にやり」とするシーン満載。
この記事をお届けした
鳥取マガジンの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク