[鳥取県南部町]金田川のホタルが見ごろを迎えています。ホタルを見に南部町へ行こう。今年はなんと無料バスも!

鳥取県南部町「金田川ホタルの里」

こんにちは、鳥取マガジン(@tottorimagazine)です。

ホタルが光る季節になりました。

ホタルを見ることができるおススメポイントを紹介します。

スポンサーリンク

数百匹のホタルのダンス

20150606224030

鳥取県南部町にホタルを見ることが出来る場所があります。

西伯郡南部町にある金田川です。

金田川ホタルの里 アクセス

場所はここ↓

金田公民館の横に駐車場が整備されており、そこから歩いて5分程度。

途中案内の看板もありますので、道に迷うことはありません。

南部町にホタルを見に行こう

ピークには数百匹のホタルを見ることが出来ます。2016年は5月18日にゲンジボタルの初飛行を確認。

ちなみに去年は6月15日くらいまでが見ごろだったようです。

南部町ホタル

昨年、編集長トマルもホタルを見に行きました。

華麗なホタルのダンスに心を奪われました。とっても良かったです。今年も行く予定です。

その日は夜8時を越えると、70台の駐車場がいっぱいになり、ちょっとした渋滞が起きるほどでした。

渋滞にならないうちに、日が暮れる前に早めに行くことをおすすめします。

ちなみに6月10日(土)には金田川ホタルの里の「ホタルまつり」があります。

地元の方たちのお店がでるようです。

ホタルはなぜ光る?

ゲンジホタル

ホタルは仲間とコミュニケーションをとるために光ります。

他にもメスを捜すために光る、刺激で光る、敵から逃げるために光るなど様々な光る理由があるようです。

刺激を与えると光ることから、軽くいきを吹きかけると光ることがあるので、近くのホタルが光らないときは、かるーくいきを吹きかけてみると良いかもしれません。

ホタルは日没から2時間程度が見ごろになり、月が出てなくて、湿度が高くて、風がない日に活発に活動します。

今なら7時から9時前後でしょうか。

雨が降った次の日などに見に行くと、良く見れるかもしれませんね。

2017年は米子駅からバスが出る

米子駅から金田川ほたるバスにのれば、直接行くことができます。完全予約制。なんと無料。

運行期間は2017年6月3日(土)~6月11日(日)〔9日間運行〕

南部町の地元の方の努力の結果

「南部町・金田川のホタル」今では地域のホタルの名所となっていますが、一時ホタルがいなくなってしまった時期があるとのことです。

しかし地元の方々の努力によって復活、そして今もホタルが守られています。

今でもホタルの餌のカワニナを、金田川に放流する活動が毎年行われています。

こうしてホタルが見ることが出来るのは南部町の方々のお陰。ありがとうございます!

せっかくの努力がホタルを見るマナーによって、台無しなってしまいます。

南部町のホームページにホタル鑑賞のマナーが載っていました。

蛍鑑賞のマナー

1 蛍を採らないでください。
2 蛍の鑑賞は、夕方から深夜にかけての時間帯となります。
車で走り回ったり、大きな声で騒いだりしないでください。
3 ごみは持ち帰るようにお願いします。
4 自家用車で来られた場合は、停車中はエンジンを切るようにしてください。
5 蛍は光でコミュニケーションを図る昆虫です。懐中電灯や車のライトを蛍に向けないでください。また、ストロボを焚いての写真撮影もご遠慮ください。

南部町HP蛍鑑賞のマナー

マナーを守って、気持ちよくホタル鑑賞したいですね。

鳥取県南部町まで幻想的な光を見に出かけてはいかがでしょうか?

最新情報は南部町ホームページに書かれています。チェック。

[鳥取県南部町]金田川のホタルが見ごろを迎えています。ホタルを見に南部町へ行こう。今年はなんと無料バスも!
この記事をお届けした
鳥取マガジンの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク